旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」がフライトに関する意識の較調を実施しました。そのアンケート結果に、他人にできるだけ迷惑をかけないように気を使う日本人の傾向が垣間見えます。

8割が寝ている人を起こさないように通路へ出入り

世界的な旅行サイト運営するエクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン2018年5月16日)、フライトに関する意識の較調結果を発表しました。

同調2018年2月22日3月19日インターネットリサーチによって実施。1年以内に飛行機に乗ったかつホテルに宿泊した世界23男女1万8229人を対に行われました。

機内で好む座席は通路側か側かという調較において、日本人は通路側を好む人の割合が53と過半数以上で世界一2位シンガポール人で47、3位はアメリカ人の40と続きます。

また、側やん中の席に座っている際、どのように通路へ出るかという調の回答は、「寝ている人を起こして動いてもらう」割合が日本人は最下位でした。側席の日本人の通路への出方は、「寝ている人に背中を向けて乗り越える」が1位で38、「寝ている人を起こして動いてもらう」が2位で24、「その人が動くまで待つ」が3位で20、「寝ている人に顔を向けて乗り越える」が19。約8割の人が、通路側の人を起こさないように気を使って出入りするという結果が出ています。

友人、家族人と隣同士になれるよう隣の乗客に席の交渉をしたことがある人の割合も、日本は最下位。そして、日本人がフライト中にすることの1位は「寝る」が772位の「テレビ映画鑑賞」が68、3位の「読書」が47です。フライト中にいつ座席を倒すかについては、「アナウンスが流れた後すぐに」と「寝るときのみ」が33で同率1位。「3時間以上の長いフライトのときのみ」が29となっています。

ちなみに、日本人がフライトを予約するときに重要視することは、「程に合った出発、到着時間」が1位92でした。

【グラフ】機内で通路に出るときに「寝ている人を起こす」割合の国際比較

「機内では通路側」と回答した人の割合の国際比較(画像:エクスペディア・ジャパン)。