JR東日本は17日、東京の中心部を回る山手線では初の運行となる防犯カメラ付き車両を都内で公開した。カメラは11両編成の各車両に4台ずつあり、19日から運転を始める。東京五輪・パラリンピック開催前の2020年春までに、全車両をカメラ付きに切り替えるという。

 JR東によると、犯罪や迷惑行為の防止、テロ行為の抑止などが目的。プライバシーが侵害されるとの懸念に対し、同社運輸車両部の照井英之担当部長は「取り扱いは厳正を期す」と述べた。警察から請求があれば撮影した映像は提供するという。映像は1週間程度で上書きされる。