「2番・DH」で先発バーランダーの前に沈黙、5試合ぶりの安打で3三振喫す

 大リーグエンゼルス大谷翔平投手が16日(現地時間17日)の本拠地アストロズ戦に「2番・DH」で先発。2試合連続で、マイク・トラウト外野手との最強「1、2番コンビ」を組んだが、今季両リーグトップ防御率1.21を誇るジャスティン・バーランダー投手の前に4打数安打3三振に終わった。

 前日は今季リーグ最多奪三振の右腕コールから右前打を放ったが、この日は2011年サイヤング賞右腕に抑え込まれた。第1打席はスライダー空振三振。4回先頭で迎えた第2打席は外88マイルチェンジアップ(約142キロ)を打たされ二ゴロだった。

 6回の第3打席は高めの96.8マイル(約156キロ)の直球空振三振。9回の最後の打席でも95.9マイル(約154キロ)のストレートバットを切った。5試合ぶりの安打に終わり、3三振は今季2度文字通りの敗だった。

 MLB公式ツイッターで、対戦シーン開。「ジャスティン・バーランダー vs ショーヘイ・オオタニは々がめていたマッチアップだ」と記すると、ファンも対決に注していた様子。コメントが相次いだ。

「意外にも、バーランダーに手も足も出なかったな!」
「彼ら2人の戦いは、始まったばかりだ」
「オオタニだけでなくトラウトも黙らせた。凄まじい」
「オオタニにとっては悔しい惨敗となったな」
全に翻弄された。オオタニにとっては明確な敗と言うしかない」

 好投手を打ち崩してきた大谷だったが、この日完封勝利を成し遂げたバーランダーの前には沈黙。それでも見応えのあった勝負には違いなかった。これからも対戦があるだろう両者。リベンジに期待したいところだ。(THE ANSWER編集部)

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】