歌手西城秀樹さんが5月16日深夜に亡くなったことが17報道された。それを受け、歌手タレント俳優として活躍する川崎麻世さんがTwitterコメント

憧れの西城秀樹さんが亡くなられた。が13時の時に番組で秀樹さんのモノマネをしてジャニーズスカウトされ芸界入りした。初めて帝国劇場で秀樹さんに会い感動のあまりサインをして頂いたら、ジャニーさんに同業者にサインめてはだめだと叱られた。秀樹さん、ご冥福をお祈り致します

川崎さんがまだジャニーズ事務所アイドルとして活動していたときの意外なエピソードも明かされる形となった。

また、西さんと「新御三家」の名で呼ばれていた郷ひろみさんも「デビュー当時、右も左もわからなかったボクに『ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ』と親身になってくれたこと、一生忘れません」と、事務所を通じてコメントしている。

郷ひろみコメント
同世代として、とても残念です。

ボクの中で長男五郎
次男は秀樹
末っ子がボクでした。

秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです。

デビュー当時、右も左もわからなかったボクに「ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ」と親身になってくれたこと、一生忘れません。

こころからお悔やみ申し上げます。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』