アメリカンフットボールの関西学院大学と日本大学の定期戦で、日大選手による反則タックルで関学選手が負傷するなどした問題で17日、関学大アメフト部が会見を開き今後の対応を説明した。

 出席したマネジメント統括ディレクターの小野氏は、申し入れに対する日本大学の回答書について説明。関学大からは「日大選手の前半・第1攻撃シリーズ、1プレイ目の反則行為に対するチームとしての見解、および行為を受けた関学選手ならびに保護者へのチームからの正式な謝罪について」「日本大学の監督が試合終了後にメディアに対して出したコメントに対する見解と同コメントの撤回、および指導者として当該事案が発生したことについての正式な謝罪について」の2点を申し入れたとし、次の解答が得られたという。


 「意図的な乱暴行為を行うこと等を選手に教えることはない。日本大学の指導方針はルールに基づいた厳しさを求めるものであるが、今回指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていた事が問題の本質であると認識しており、指導方法に関し深く反省している」

 「日本大学は規則に基づいた指導を行っている。同コメントはもとより規則に違反してもよいと意図するものでなく、選手に厳しさを求めていくことから発したものだった。しかし、真意が伝わらず反則行為を容認する発言と受け取られかねないものであり、本意ではないので、試合終了直後にメディアに対して発した日大監督のコメントは撤回させていただく。また、一部メディアで報道されている当日のミーティングにおける日大監督が選手に対して発した発言も、規則に違反し貴部選手を負傷させる意図は全くなく、選手全員に厳しさを求め士気を上げるために行ったものだった。事実・当該プレイに至った経緯について、それまでの指導内容、試合後の対応については現在確認作業・再発防止策の策定を行っており、5月24日までに回答させていただく」

 これを受けて、関学大は4点を対応するとし、


 「日本大学の責任ある立場の方より、本件で被害にあった選手およびその保護者に対し直接の謝罪の申し入れがなかったことについて遺憾の意を表する。追加の回答を頂く際には、被害選手・保護者へ直接謝罪していていただくことを要望する」

 「回答書には本件に対する具体的な事実・経緯などチームとしての見解が示されていない。24日までに、改めて1プレイ目の反則行為に対して把握する事実、当該プレイに至った経緯、それまでの指導内容、試合後の対応など具体的に回答して頂きたい。どのような指示・指導があり、どのような理解・判断でこのような行為に至ったのか。問題の本質とする指導者による指導と選手の受け取り方との間の乖離について具体的な説明を頂きたい」

 「ルールに基づいた厳しさを求めていたと記されているが、(1)1プレイ目が極めて悪質な反則とされた時点で、指導者が当該選手の交代を指示し、当該選手を厳しく指導しなかったこと、(2)2回目の反則行為時点でも、同様に指導者が当該選手の交代を指示し当該選手を厳しく指導しなかったこと、(3)3回目の反則行為により、当該選手が退場となってチームエリアに戻るに至っても、指導者が当該選手を厳しく注意・指導する様子がうかがえないこと、(4)試合後に内田監督が『これくらいやっていかないと勝てない』『やらせている私の責任』とコメントしていること等を勘案すると、ルールを逸脱した行為を監督・コーチが容認していたと疑念を抱かざるを得ない」

 「多数のメディアから、日本大学の指導者が反則行為を指示したと思われる報道が相次いでなされた。仮にこれらの報道が事実とすると、本件回答書にある『貴部選手を負傷させる意図は全くなく、選手全員に厳しさを求め士気を上げるために行ったもの』という表現の範疇を逸脱していると考えられる。この点についても事実確認を行って頂き説明して欲しい」


 と説明。24日までの回答書を踏まえて対応を検討するとしている。


(AbamaTV/『AbemaNews』より)


最新ニュースはAbemaNewsチャンネルで放送中