プロデューサーCGアーティストAR/VRテクノロジストが三位一体となり、VRARMRを駆使したリアルライブ体験を提供している株式会社ラテンイルライブグラフィックス(東京都港区、代表取締役山形、以下「ラテグラ」https://ls-lg.com/)は、上海を拠点とする、文化・エンターテイメントに特化したプロデュース会社office339中国上海、代表:健太http://office339.jp)と共同でプロデュースしているバーチャルYouTuber『DD(ディーディー)』(以下DD)がキャスターとして中国経済・文化・社会情勢をお届けする『DD NEWS』をスタートしたことをお知らせいたします。

中国まれのバーチャルYouTuber DDはこれまでに、日本向けには毎日SNS中国語講座投稿し、中国向けには日本アニメドラマの紹介をするなど、日本中国それぞれのの様々な情報を発信してまいりました。この度、日本のDDファンからの「中国のことをもっと深く知りたい」という多くの要望に応え、中国社会日常文化を定期的にお伝えする「DD NEWS」をスタートすることとなりました。DDがキャスターとして様々な情報をお伝えすることで、気軽に楽しみながら中国の最新情報を知ることができます。今後は、DDの中国ファンに向けた日本経済・文化・社会情勢などの情報発信も計画しており、日中の文化交流を新しい形で積極的に行ってまいります。 4月15日開した「DD NEWS」では、現代中国人の三大必須アイテムである、モバイル決済、シェア自転車出前サービスを紹介しました。
モバイル決済
シェア自転車

5月17日開した「DD NEWS」では、アリババ・グループ下の出前サービス大手「饿了(ウーラマ)」オフィスに潜入。ウーラマの急成長の歴史や、オフィスの雰囲気、出前ロボットなどを紹介しています。
出前ロボット
4月15日開した「DD NEWS」の視聴者からはYouTubeコメント欄に以下のような言葉が寄せられています。
「これはぜひとも続けてほしい企画
海外情報を得るのってなかなか面倒臭いから面かった!! 次も待ってます!!」
「DD君は文化交流の架けになってほしいね。
など 你好(ニーハオ)!バーチャルYouTuberのDDです!
これからも中国の最新情報や話題のニュースをお届けしていきますねー!谢谢!(▷Д◁)ฅシャー
2018年1月1日デビューした、中国系・メガネキャラクター『DD』は、中国語の意味の「(didi)」から名付けられたバーチャルYouTuber。1年間で中国SNS、weiboのフォロワー数100万人を獲得しなければ爆破されてしまう、という過酷な運命を背負いながら、日々動画投稿を続けています。当初は中国語しか喋ることができませんでしたが、最近では日本語を勉強し、日本語も織り交ぜた動画投稿が話題です。デビューから5カ半、今ではファンも着実に増えており、中国bilibili動画では登録者が1.3万人(2018年5月17日現在)、1月15日から上海LAWSONPR大使としても活動しております。また、日本でも着実にファンが増え、YouTubeチャンネル登録者数、Twitterのフォロワー数共に1万人をえています。

バーチャルYouTuber DD 動画サイト
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC9vyQt8JlsI8IvLRCtDjp-w
bilibili
https://space.bilibili.com/267970450/#/

バーチャルYouTuber DD SNS
Twitter
https://twitter.com/xuniDD
Facebook
https://www.facebook.com/xuniDD
Instagram
https://www.instagram.com/xunidd_official/
Weibo
https://www.weibo.com/xuniDD

office 339( http://office339.jp )
中国上海を拠点に、文化・エンターテイメントに特化したプロデュース会社。2006年より現代アートを軸に領域を横断し文化的価値を創造するプロジェクトアジア地域で実施。2013年より中国でのオンライン動画コンテンツ制作・配信を開始。娯楽番組「绅士大概一分钟」やネットドラマ日本屌丝」などを成功させ、中国の若者から熱狂的な支持を得ている。日本中国の多様な才を巻き込みながら、リアルからネット、アートからエンターテイメントまで、強いオリジナリティを持った表現をプロデュースしている。

株式会社ラテンイルライブグラフィックスについて( https://ls-lg.com/
日本LIVE ENTERTAINMENT世界に発信し、感動と共感の和を広げ、今日より明日をもっと楽しくすることをミッションに、VRARMRを駆使したリアルライブ体験を作り出すクリエティカンパニーARVRハイエンド領域で内最初の研究実績を待つテクニカルチームLIVE映像ゲームPVCMなどのメジャータイトルを長年製作してきたCGクリエイターチーム、それらを有機的に結ぶ多プロデューサーチーム三位一体となり、日本にとどまらず、中国シンガポールなどアジア圏でも活動中。な実績としては、ニコニコ超会議で行われる歌舞伎映像演出や、アジアNo.1 総合格闘技イベントONE FIGHTING CHAMPIONSHIP」の大会アドバイザー、映像演出制作など。海外でもバーチャルキャラクターARライブを手掛け、注を集めている。

株式会社ラテンイルライブグラフィック
所在地:〒105-0022 東京都港区2-6-24 TABLOID3階
WEBhttps://ls-lg.com/

配信元企業株式会社ラテンイルライブグラフィック

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ