JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野)は、平成305月15日アルゼンチンマリオ・オスバルド・カペッジョエネルギー鉱業鉱物開発担当次官の来日に合わせて、駐日アルゼンチン共和国大使館と共催で、「アルゼンチン鉱業投資セミナー」を本部にて開催し、アルゼンチンの鉱業投資環境等について情報交換を行いました。

アラン・ベロー駐日アルゼンチン特命全権大使による挨拶

 本セミナーは、好評であった今年2月経済産業省催の官民ミッションにおける同への派遣を受け、同の鉱業投資環境や探・開発案件を情報共有するセミナーとして駐日アルゼンチン共和国大使館と共催されたものです。アルゼンチン側からはマリオ・オスバルド・カペッジョエネルギー鉱業鉱物開発担当次官やアラン・ベロー駐日アルゼンチン特命全権大使が講演者として登壇し、日本企業からも多数の参加がありました。

 セミナー冒頭のベロー大使による挨拶では、セミナー開催に対する謝意が述べられるとともに、日本企業アルゼンチン進出が促進されることを期待するとのご発言がありました。その後の講演では、カペッジョ次官より同の投資環境の変化やリチウム鉱物ポテンシャルについての説明が行われました。そのほか、経済産業省アルゼンチンに進出している日本企業JETROおよびJOGMECによる講演が4件行われ、同鉱物の重要性、リチウム生産プロジェクト概要アルゼンチンに進出した日本企業の現状などについて紹介がありました。参加者からは講演に対する質問があり、活発な意見交換が行われました。

 JOGMECは、今後もセミナー・調等の実施により、金属の安定供給のため、有益な情報等を提供してまいります。
マリオ・オスバルド・カペッジョエネルギー鉱業省鉱物資源開発担当次官による講演
大東経済産業省資源エネルギー庁鉱物資源課長による講演
 セミナーの様子

→全文を読む
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000397.html?mid=pr_180517

配信元企業:JOGMEC

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ