日本一ソフトウェアから2018年5月31日発売予定のプレイステーション Vita、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4用ソフト『嘘つき姫と盲目王子』。化け物と幼い王子を主役としたアクションアドベンチャーである本作は、風変わりな森を舞台にした謎解きアクションと、絵本のように美しいビジュアル、異形と人間という異種族間の交流から生まれるドラマチックな物語を楽しめる作品となっている。今回はキャラクターやアクション、システムについて新たなスクリーンショットを交えて再紹介しよう。

化け物と人間が織りなす、優しい物語――『嘘つき姫と盲目王子』


【画像27点】「『嘘つき姫と盲目王子』キャラクターやゲームシステムを新規スクリーンショットでおさらい!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

タイトル概要
その“お姫さま”には秘密がありました。
 本作は、化け物と人間の王子の交流を描く2D横スクロールアクションアドベンチャー。プレイヤーが操作するのは少女に変身する力を得た狼の化け物だ。人間の王子を傷つけ失明させてしまった狼は、魔女に王子の目を治してもらうため、自分を“姫”と偽り王子を連れ出すことになる。


 異質な存在同士が歩み寄ること、自己を犠牲にできるほどの強い想い、秘密がもたらす孤独、もう二度と取り戻せないもの……古今東西、人と人ならざるものが織りなす物語は、常に我々人間の心を揺さぶりつつも、惹きつけてきた。
 “ビデオゲーム”というインタラクティブな表現方法で、そうした普遍的で心あたたまる物語を追体験したい────『嘘つき姫と盲目王子』は、スタッフのそんな願いから生まれた作品だ。


キャラクター
狼と姫
森に住む人食いの狼は、かつて美しい歌声を持っていた。歌声がきっかけで人間の王子と出会うが、狼はその鋭い爪で王子に怪我を負わせて失明させてしまう。王子の姿に心を痛めた狼は、魔女に自分の歌声を捧げて王子に触れることができる“姫”の姿を手に入れる。そして王子の目を治すため、彼と手を取り合って魔女の元へと向かう。

■狼のアクション
化け物である“狼”は、高所へのジャンプや障害物や敵への攻撃が可能。



■姫のアクション
人間である“姫”は王子と手をつなぎ、導くことができる。また、王子に協力を求める“おねがい”というコマンドを使えるのだ。


王子
王族として育てられていた王子は、森で出会った狼に傷つけられ視力を失ってしまう。負傷したことで両親に疎まれ塔に幽閉されていた王子だが、“姫”に化けた狼によって解放され、姫とともに旅立つことになる。自分を傷つけた化け物を恐れているが、姫の正体がその化け物であることは知らない 。

■王子のアクション
NPC(ノンプレイヤーキャラクター)である王子は、姫と手をつないでいる状態なら一緒に走ったりジャンプをしたりすることが可能。また、姫の“おねがい”に従ってオブジェクトを持ったり、短い距離を歩いたりすることもできるぞ。



魔女
“最も大切なもの”と引き換えに願いを叶えてくれる魔女。取り立てた代償を美しい結晶に変えてコレクションしている。その過去は謎に包まれているが、王国には“ある魔女のおとぎ話”が伝わっているといわれている。


ステージ
ふたりが旅する森は、複数のエリアに分かれている。


仕掛け
森には奇妙な化け物たちが住み、パズルのような不思議な仕掛けに満ちている。


収集要素
小さな宝物
本作には2種類の収集要素が存在。攻略には必要のない要素であるが、設定画やアイデアスケッチ、特別なサイドストーリーを見て楽しめる。

■花びら
ステージのあちこちには花びらが舞っている。手に入れた枚数に応じてキャラクターやステージの設定資料が解放されていくぞ。


■花畑
ステージに咲いている花を王子にプレゼントすると、王国に伝わる“魔女のおとぎ話”を読むことができるようになる。


システム
お気に入りのページを開くように
メニューからは、一度見たイベントシーンを見返したり、ステージに再挑戦することができる。ステージは一定の時間が経過するとスキップが可能となるぞ。自分のペースで攻略や収集要素の回収を楽しもう。





(c)2018 Nippon Ichi Software, Inc.