5月16日(水)、AbemaTV バナナマン日村勇紀の冠番組『日村がゆく』が放送され、日村が体験したバイト先での衝撃の話が繰り広げられた。


 素人からの投稿エピソードを紹介するコーナー「このエピソード、テレビのバラエティで通用しますか?」で、アルバイトの話になった際、過去のアルバイト経験を問われた日村は、昔お弁当屋さんでアルバイトした話を披露した。

 当時二十歳くらいだった日村、周囲のバイト仲間はほとんどおばさんだったようで、「当時50歳くらいのおばさんだったと思うんですけど、僕、配達終わって、配達終わったら終わりなんで帰ろうかなと思ったら、『日村くん、ちょっと揚げ物とか手伝ってよ。もし暇だったら』」と、そのまま揚げ物を手伝ったという。

 するとそのおばさんから「日村君、今晩何してんの?」と聞かれたようで、そのまま飲みに行くことになった日村。2人でカラオケボックスに行ったようで、「2人で座って、何か記憶の中では、おばさんがジントニックをガブガブ飲んでて…」とおばさんが酒を飲み始め、酔っ払ったのか、「俺の顔を(両手で)こう掴んできて、ジントニックをブーッて口移し。俺、ゴボゴボゴボって、え、何、何、何、何コレって」といきなり口移しをされ驚いたという。しかしそれだけでは終わらず、おばさんは再び口に残っている氷を口移しで入れてきたのだとか。「氷をひたすら移し合うんですよ」と、長々と口移しをした体験談を赤裸々に告白した。

 すると最後は、「おばさんが僕の手を取って、自分の胸元にカッと入れて、おっぱいを揉め!みたいな」と今度は胸を揉むよう命令され、「旦那がいなかったんですよ、その時。なんかもうムラムラしてたんですよ」と当時を振り返り、最終的にはそれ以上のことはなかったと語った。日村は「それでおばさんを送り届けたんですよ。もう俺、そっからの記憶がないっすよ。弁当とかどうしたんだっけなって(笑)」と語り、「弁当屋のばばぁとBまでっていう。BBB事件」と、キレイにまとめた自身の面白エピソードを展開した。『日村がゆく』はAbemaビデオにて配信中。


 次回の『日村がゆく』では、バナナマンのラジオに潜入したスタッフが、日村に“ハワイロケ”が決定したことを伝えるシーンが!次回5月30日(水)の放送で真相が明らかとなる


(C)AbemaTV