川越車両センターハエ)にいる八高線川越線むけ205系3000番台(4両編成)が、その数を減らしている。

は、8485編成が長野総合車両センターへ運ばれ、現役で残るのは、81・83編成の2本に。

この205系3000番台は、東京総合車両センターに所属していた山手線の中間(モハ・サハ)を改造し4両化したモデル

先頭(クハ)は、中間付随(サハ)を先頭化し運転台を設置。パンタグラフシングルアーム化し、客室内外からドア開閉できるようスイッチがつけられた。

八高線川越線には、E231系3000番台やE209系3500番台が入ってきて、押し出されるように、205系3000番台が消えている。

<関連記事>
日光線むけ205系いろは、5月18日 大宮に再来
【LOG】武蔵野線を去る205系、走り始めたE231系_越谷貨物ターミナルから
夏日の越谷貨タから、海を渡る205系のタキシング
「205系」タグアーカイブ