タレントの薬丸裕英が17日、『バイキング』(フジテレビ)に出演。歌手・西城秀樹さんの死去について、最後に会った12月のことなどを思い返しながら語った。

 番組によると西城さんは4月25日に自宅で倒れ救急搬送。そして5月16日23時53分に家族に看取られながら死去。死因は急性心不全だったという。

 薬丸は仕事はもちろん、プライベートでも西城さんとの交流があったといい、薬丸の妻・石川秀美も西城さんの名を冠して主催した新人発掘コンテストで芸能界デビューしたこともあり、夫婦そろって西城さんと関わりが深かったという。

 薬丸夫妻が最後に西城さんとあったのは昨年12月。共通の知り合いの葬儀だったと言い、「その時も体調が悪いのかなって感じが見て取れたので、妻もショックを受けていた。心配していたので」とコメント。続けて「だからさっき速報が出た時は驚いてしまったし、残念でならない」と辛い胸中を明かした。