ハリウッドスターキアヌ・リーヴスの最初の映画ヒットシリーズとなる『ビルとテッドシリーズ。2作の『ビルとテッド地獄旅行』以来、実に27年ぶりに第3弾が製作されることが正式に決まった。

【写真】キアヌ初期の主演作『ビルとテッドの大冒険』フォトギャラリー

 高校生のおバカコンビ、ビルとテッドタイムマシン地獄を開いて、歴史上の偉人や死にを巻き込んだ騒動を起こす『ビルとテッドシリーズテッド役のキアヌとビル役のアレックスウィンターは、50歳を過ぎた“オヤジ”になってシリーズに復帰することになる。

 8日に開幕したカンヌ国際映画祭と並行して行われるフィルム・マーケット(映画の権利を売買する見本)にて、海外セールスが始まるとDeadlineが報じた。

 『BillTed Face The Music』という原題がついた第3弾は、映画ギャラクシークエスト』のディーンパリソット監督メガホンを取ることが決まっている。製作揮は映画オーシャンズ11』シリーズスティーヴン・ソダーバーグが務める。北の配給権はMGMが持っているとのことだ。

 キアヌとアレックス明を通じて、「再びみんなが集まって映画を作ることに、この上ない奮を感じている。クリス(・マシスン)とエド(・ソロモン)がすばらしい脚本を執筆し、ディーンメガホンを取る。まさに夢のチームだ」と、喜びを表している。

 第3弾の『BillTed Face The Music(原題)』は、中年になった妻子持ちのビルとテッド主人公。偉大な曲を作るという使命を全うできないなか、未来からのお告げでその曲なくして人類の未来がないことを知り、たちや歴史上の偉人、伝説ミュージシャンらのを借りながら、再び時を越えて世界を救うための音楽を探すに出るという。

キアヌ・リーヴス&アレックス・ウィンター『ビルとテッド』シリーズ第3弾が始動(※『ビルとテッドの大冒険』場面写真)(C) AFLO