俳優の沢村一樹が、7月スタートの連続ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)で月9ドラマ初主演を務めることが発表された。また本作で物語の鍵を握る捜査官役として、これまで本シリーズに主演してきた上戸彩の出演も決定。上戸は『昼顔』以来、4年ぶりのフジテレビ連続ドラマ出演となる。

【写真】『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』に出演する沢村一樹と上戸彩

 本作は、同局で放送された刑事ドラマ『絶対零度』シリーズの最新作。2010年に放送されたシーズン1では“未解決事件”を、2011年に放送されたシーズン2では“潜入捜査”をテーマに上戸演じる女性刑事・桜木泉の活躍と成長を描いてきた。シリーズ最新作となる今回は“未来の犯罪を予測して捜査する”をテーマに、潜入捜査やアクションを散りばめたスリリングなストーリーが展開する。

 今回はシーズン1&2の主人公・桜木に変わり、沢村演じる元公安のエリート刑事・井沢範人が主人公。ある事件がきっかけで公安から警視庁総務部・資料課室長に転属させられた井沢は、警視庁内で極秘裏に行われている“未然犯罪捜査システム”の実用化プロジェクトを託される。井沢は資料課の個性的なメンバーと共に、未来の重大犯罪の阻止に身を投じていく。

 また前シーズンから7年を経て一流の捜査官に成長した桜木はある事件の捜査中に突然の失踪。彼女がドラマ全体のキーパーソンとしてストーリーに絡んでくる。

 本作で月9ドラマ初主演となる沢村は「刑事ドラマ作りは何よりもチームワーク。スタッフ、キャストが力を合わせて、楽しく、時には意見をぶつけ合えるような現場作りができたらなと思います」とコメント。また7年ぶりに桜木を演じることになる上戸は「“桜木泉”がどう成長してきたか、空白の時間をお届けできたらと思います。“桜木泉”を生かし続けてくださる皆様に感謝しています」とファンにメッセージを贈った。

 沢村一樹、上戸彩が出演するドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』はフジテレビ系にて、7月より毎週月曜21時放送。
『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』に出演する沢村一樹