フランスパンの味が楽しめる「VIRON」のショーケースにはカンパーニュやクイニーアマンなど多な商品が並ぶ。そのなかでも、ひと際を引くのが「フーガス・オリーヴ」だ。「フーガス」とは南フランスプロヴァンス地方に古くから伝わるパンで、木の葉形のユニークな形をしている。

【写真を見る】パン約50種類、ケーキ約20種類、焼菓子約20種類など約100種類の商品が並ぶ

高さ約25cm、幅約20cmと、大きさもインパクト大!ライ麦を30配合した生地は、モチモチッとしていて噛みごたえも抜群だ。パンの中にはグリーンオリーブがぎっしり。パンの表面にたっぷりと塗られたオリーブオイルと相まって、オリーブ味が口いっぱいに広がる。気が程よくきいていて、これは、お酒のお供としてもたまらない!

フーガス・オリーヴ」は9:30頃までに一度焼き上げ、その後、随時補充していくかたちだ。1日5回程度焼くというので、タイミングが良ければ焼きたてのパンに出合えるかもしれない。

せっかく焼きたてのパンゲットしたなら、温かいうちに食べておきたい。そんな時は2階のカフェへ。カフェでドリンクを注文すれば、1階のブーランジェリーで買ったパンを食べられる。カフェクレームショコラショーなど、フランス定番のドリンクとともに楽しもう。パンのイートインが可な時間は限られているため、事前に確認しておくと安心だ。(東京ウォーカー東京ウォーカー編集部)

「フーガス・オリーヴ」616円。グリーンオリーブの中にはアンチョビが入っている