婦人科検診や妊婦健診時に、子宮内膜ポリープが偶然見つかる場合があります。聞きなれない病名を突然言われて、びっくりされた経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。もしかして、がんと関係があるのではないかと不安に思われるかもれません。ここでは、子宮内膜ポリープがどのような病気か、 症状や治療法などについてお話ししたいと思います。

子宮内膜ポリープってなに?

子宮内膜ポリープは、がん化することがまずないとされている良性の腫瘍です。子宮内膜の一部が増殖したもので、表面が滑らかで根元に茎のある、丸いキノコのような形をしています。大きさは、1㎝以下のものから10㎝を越える大きなものもあり、小さいものは超音波検査では見つかりにくいことが多いです。1つだけではなく、多数みつかる症例もあります。

がん化の恐れはあまりない一方、不妊症の原因のひとつと考えられており、原因不明の不妊症の16.5%~26.5%に子宮内膜ポリープが認められるという報告があります日産婦内視鏡学会より)。

症状は?

子宮内膜ポリープは無症状の場合が多く、検診などで超音波検査やMRI検査などを行った際に偶然見つかることが多いです。症状がある場合もあり、下記のような症状が報告されています。

  • 不正出血
  • 月経過多
  • 貧血
  • 不妊

子宮内膜ポリープの位置や大きさによっては、不妊症の原因となる場合があります
ポリープのある場所が、精子や受精卵の輸送経路上であったり、着床位置になっていたりする場合、子宮内が妊娠の成立がしづらい状態であると言えます。
子宮内膜ポリープを切除することで、妊娠率が上昇したという報告もあります。不妊原因は他にもさまざまな疾患がありますが、共通して言えるのは、早めに産婦人科を受診し、適切な治療を受けることです。

治療方法は?

症状がない場合は、経過観察で様子を見ていきますが、子宮筋腫との鑑別が難しい場合や、悪性との鑑別が必要な場合には、子宮鏡検査などの精密検査が行われる場合があります。
また、月経過多などの症状がある場合や、不妊の原因となっている可能性がある場合には、子宮鏡手術などでポリープの切除が行われます。薬を使った薬物療法では治療できないとされています。

子宮鏡手術は、子宮鏡と言う内視鏡を、腟から子宮口を通り子宮内へと入れていき、子宮内のポリープなどの病変を切除したり、摘出する手術です。
お腹を切ったり、長期入院する必要がなく、病院の設備によっては外来での日帰り手術が可能です。下記のような子宮内膜ポリープの場合に、子宮鏡の手術適応となります。

  • 過多月経・不正出血がある
  • 不妊期間が1年以上
  • 悪性所見がない

まとめ

子宮内膜ポリープは、無症状で妊娠の希望がない場合には経過観察で済む病気ですが、症状がひどい場合や、子宮内膜ポリープが不妊原因の可能性がある方にとっては、子宮鏡手術などの手術が必要になる病気です。

症状が出ないことが多いため、知らない間にできて、不妊の原因となっていることも考えられます。
子宮内膜ポリープだけでなく、女性特有の病気は他にもたくさんあり、知らない間に病状が進行したり、不妊の原因となっている可能性があります。
それらの婦人科疾患を早期に発見し、適切な治療が受けられるように、婦人科検診は年に1回は必ず受けるようにしましょう。症状がなにもない場合でも、検診を受けて初めてわかる病気もあります。ぜひこの機会に婦人科検診を受けましょう。

子宮内膜ポリープの原因は何?治療は手術になるの?