博報堂は5月16日、ユーザーの嗜好と体調に合わせてお風呂を出る最適なタイミングを知らせるIoTロボット「fuuron(フーロン)」を開発したと発表した。

fuuronは湯船に浮かべて使い、搭載された温度センサーとタイマーセンサーが湯温と入浴時間を計測して、湯温が高過ぎたり低過ぎたりすると内蔵の LED が点灯。お風呂を出る時間になると点滅して知らせてくれるという。

また、さまざまな「モード」を設定することができる。たとえば「美肌モード」を設定すると、長湯による肌からのセラミド流出などを防ぐ適切な湯温と入浴時間を通知する。その他、「花粉症モード」「ダイエットモード」などがあり、ユーザーの嗜好と体調に合わせて使うことができるとのことだ。

ユーザーは、入浴した実際の温度や時間のデータをログとしてスマートフォンで管理し、毎日の健康管理に役立てることができるようになっている。

また、年間約1万9,000人の高齢者が被害に遭うという入浴事故を防ぐため、「見守り機能」を備える。高齢者がロボットを長時間湯船に浮かべた状態が続くと、何かあったと認知して、遠隔の近親者のスマートフォンに警告が送信される仕組みだ。加えて、親子のバスタイムでは、内蔵のLEDを光らせるおもちゃとして、子どもが飽きずに入浴できるプログラムを用意し、子どもの入浴の習慣化をサポートする。

なお、2018年5月26日に別府で開催される「世界温泉地サミット」で、「fuuron」を展示し実装の説明を行い、2018年度中に協業パートナーを募る。2019年度中の販売を目指す。同機器によって得られた入浴のログデータは、東京都市大学、東海大学がクラウド上で収集するという。同社は収集されたデータを両大学と協働して入浴実態の解析を行い、より良い入浴環境についての情報発信をしていく。
(鷲山奈津子)

画像提供:マイナビニュース