今週の栗東は16日の夕方に雨。16日の午後がかなり蒸し暑かったので、雨が降ったことで少しは気温も下がったが、16日の夜、17日の朝ともにこの時季としては過ごしにくい気候だったといってよいかも知れない。週末になれば、また気温が下がるようだが、寒暖の差があると体調を維持するのは人も馬も難しいところ。

【坂路/4F51.9秒】
 今週は馬場差に悩む。というのも、16日の一番時計はネロ(栗東・森秀行厩舎)の4F48.9秒。この馬としてはほぼ自身のベストをマークできているし、二番時計が50.1秒なので、こちらも速い時計。ただ、全体的には4F51秒台の頭数がやや少ない。難しいところだが、4F目に11秒台を刻んだ馬が3頭もいたことを思えば、時計を要する馬場ではないと判断したい。

 オークス(5月20日・東京芝2400m)に3頭出しの角居勝彦厩舎だが、見た目に素晴らしい動きはカンタービレ。田辺裕信騎手が跨って、単走の追い切りだったが、重心が低く、ブレのない走り。時計は4F52.4秒と全体時計がそこそこ速いのに、4F目が最速の12.3秒。距離や東京競馬場など未知な部分はあるものの、これだけ動けるならと狙ってみたくなる。

 17日。一番時計はテルペリオン(栗東・寺島良厩舎)の4F49.7秒。これは自己ベストを大きく上回る数字だが、馬場状態は前日からほとんど変わっていないはずなので、自身の調子が上がっているということだろう。

 先週の馬場差は「-0.1秒」。今週もほぼ同じような状態。よって、馬場差は『±0.0秒』で記録している。

【CW/5F66.0秒】
 16日。前日のニュースでもお伝えしたワグネリアン(栗東・友道康夫厩舎)の追い切りで速い時計が出た後がそこそこ速い時計。特に2回目のハロー終了後から速い時計が連発したので、走りやすい馬場だったことは間違いない。

 そんな中でも時計だけでなく、素晴らしい動きだったのがライデンバローズ(栗東・藤岡健一厩舎)。コース大外を回りながら、後ろから追いかけてくる馬を寄せ付けない走り。6F81.5秒という数字以上に評価したくなる動きだった。

 17日。馬場状態としては前日とあまり変わりない。別ニュースでもお伝えしたように、日本ダービー(5月27日・東京芝2400m)の1週前追い切りもたくさん行われたが、青葉賞2着で優先出走権を得たエタリオウ(栗東・友道康夫厩舎)もそのうちの1頭。

 初コンビとなるH.ボウマン騎手が跨り、トリコロールブルーを追走する内容。前半から速いラップを刻んでいったが、最後までスピード感十分。最後はきっちり交わして、ゴールを過ぎてからもその脚色が衰えることはなかった。時計は6F80.1〜5F65.4〜4F51.2〜3F37.1〜1F11.5秒。かなりいい状態で大一番を迎えることができそう。

 先週の馬場差は「-0.4秒」。今週は明らかに時計が出る馬場で、一時期の基準時計を1秒以上上回る頃の感じ。よって、馬場差は16日、17日とも『-1.1秒』で記録している。

【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 今週の芝馬場は加用正厩舎の3頭併せのみ。2歳新馬ということもあり、時計は出ていないが、これは馬場うんぬんではないだろう。ただ、先週までの傷みも残っている感じなので、今週の馬場差は『+0.5秒』で記録している。

 ポリトラック馬場の追い切り頭数はかなり少ない。時計の出方に関しては、先週同様、ほぼ基準時計通りと判断してよい。よって、今週の馬場差は『+0.0秒』で記録している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。

(取材・文:井内利彰)