中部国際空港は5月16日、新旅客ターミナルビル新築工事安全祈願式を実施した。セントレアでは2019年度上期の供用開始を目指し、今回の安全祈願式を経て、本格的に着工となる。

安全祈願式において、中部国際空港代表取締役社長の友添雅直氏は、「新旅客ターミナルビル新築工事は、中部国際空港のより一層の機能強化を目指すもの。新たなターミナルビルの整備を通して、航空ネットワークの更なる拡充、インバウンドの受入環境の充実、エアライン拠点化の促進、そして、今後ますます多様化するお客様ニーズにも的確に対応していきたい。また、近隣施設とともに新たなにぎわいを創出し、地域の成長と発展にこれまで以上に貢献していきたい」とコメントした。

新旅客ターミナルビルは2019年度上期に供用開始を予定。年間旅客取扱数は450万人(国際線300万人、国内線150万人)、延床面積は約4万5,000平方メートル、構造は鉄骨造(2階建て2棟構成)、スポット数は10となる。

画像提供:マイナビニュース