大幸株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長柴田高、以下、大幸品)は、「正露丸」を製造する際にできる副産物を使用したお風呂『木の湯』を全展開することを発表いたします。首都圏を中心に運営する おふろの王様(*1)(東京建物リゾート株式会社)への導入を皮切りに、2018年5月18日)より、スーパー銭湯などの大入浴施設への本格導入を開始いたします(*2)。

『木酢の湯』イメージ (「おふろの王様」埼玉県志木店)
『木の湯』は、大幸品の「正露丸シリーズ成分、木(もく)クレオソートの精製時に得られる木液(製品名「木入浴液(*3)」)を使用したお風呂で、ブナやマツなどの木から作られています。管理された蒸留精製工程にて、繰り返し不純物を取り除いた透明度の高い100%天然の高純度な木液を使用し、構成成分である及びその他の有機成分が、肌の質をやわらげ、うるおいを与えます。また、人の肌に近い弱性で、身体をやさしく温め、血行を良くします。さらに、原材料の木に由来した木自然な香りを楽しめます。

大幸品では、昨年12月より、おふろの王様の一部店舗にて、「木入浴液」を使用したお風呂テスト展開を行い、その結果、入浴されたお客様のアンケートでは、「しいお風呂で楽しめた」「これまでのイベント湯の中でも上位に入る」「森林浴をしているようでリラックスできた」など、約8割の方から高い評価を得ています(*4)。現在、多くの入浴施設では、他施設との差別化のため、天然湯、炭酸湯といった定番のお風呂に加え、常に顧客に楽しんでいただけるような新たなお風呂めていることから、この度、『木の湯』を全に拡大することを決定いたしました。

大幸品は、入浴施設という新たな場面を通じて、『木の湯』を体験いただく機会を提供することで、大幸品の正露丸の更なるブランド及び製品認知の向上をします。


(*1)「おふろの王様」は首都圏を中心に開放感のある露天風呂をはじめ、美容と健康に良いとされる十数種類のおふろを提供している温浴施設です。現在、『木の湯』はが丘店、渋谷高座店、海老名店、大井町店、志木店、港南台店等で実施中です。詳細は公式サイトhttp://ousama2603.com/)にてご確認いただけます。
(*2)6月から関西中部東京埼玉でも新規実施が決定しています。「玉湯ひじりのね 京都伏見」(運営株式会社コーニッシュ)では新取組みとして「【炭酸】木の湯」を開始します。
(*3)大幸品「木入浴液」は、蒸留精製を繰り返した高純度精製木液です。有アルデヒドや発がん性のベンゾピレンを徹底除去しています。また、成分の規格設定をし、品質の安定性を保っています。
(*4)おふろの王様・大幸品共同調べ:おふろの王様 志木店での体験者252名によるアンケート回答に基づきます。
(*5)「木液」はブナやマツなどの原木を炭化したときに出る煙を冷却し、液化して静置した上澄み液である粗木液を何度も精製し、不純物を取り除いて作られます。一方、煙を冷却して液化した沈殿物の木タールを繰り返し蒸留精製したものが「正露丸」・「セイロガン糖衣A」・「正露丸クイックC」の成分 木(もく)クレオソートです。


<一般のお客様からのお問い合わせ先>
大幸株式会社 お客様相談係
電話0570-783-818 受付時間:午前9時午後5時(土、日、祝日を除く)

<大幸株式会社について>
大幸品は、【「自立」、「共生」、「創造」を基本理念とし、世界のお客様に健康という大きな幸せ提供します】の企業理念のもと、『正露丸』、『セイロガン糖衣A』を製品とする医薬品事業と、低濃度二塩素ガスの効果を用いた『クレベリン』を製品とする感染管理事業を活動の柱としております。近年、セルメディケーションへの重要性が高まる中、当社ではと感染管理による衛生対策で、お客様の健康への寄与を通じて、社会に貢献できればと考えております。

配信元企業:大幸株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ