ブラザー工業株式会社は、5月17日開催の取締役会において、代表取締役社長の小池氏が会長に、代表取締役 専務執行役員の佐々木氏が社長に昇格する人事を内定し、発表した。6月26日開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式決定した後、就任する。
会長に内定した小池氏
社長に内定した佐々木氏
次期中期戦略の策定を今年度から開始するにあたり、新たな経営体制を構築するため、小池氏が社長を退いて会長に就任し、ドミノ事業や産業用印刷事業などを担当する代表取締役 専務執行役員の佐々木氏が社長に昇格する。同社の社長交代は2007年以来11年ぶりで、技術系の社長は2003年以来15年ぶりの誕生となる。

2007年に51歳で社長に就任した小池氏は、リーマンショックの影響から2009年度には4,500億円を下回った売上高を2017年度には7,139億円に、2008年度に153億円だった当期純利益額を2017年度に3倍以上の500億円の実質過去最高額を記録するまでに成長させた。また、リーマンショック後に500円を下回った同社の株価は今では2,500円を超える水準で推移している。2017年11月には3,135円の史上最高値を記録した。今後は、会長として経営全般の管理監督に加え、必要に応じて経営陣へのアドバイスを行う役割を担うという。

新社長に内定した佐々木氏は、若手時代にブラザー初のレーザープリンターで、その後のモデルの礎となった「HL-8」の開発リーダーとしてプロジェクト全体を指揮した。その後もブラザーのレーザープリンターの開発面での中心人物として活躍した。技術者でありながら、2005年から3年間はイギリスの販売会社ブラザーU.K.の社長を努めた経験もある。イギリスから帰国後は主にブラザーの新規事業を担当。Web会議システムのオムニジョインや、ドキュメントスキャナーなど新しいビジネスの創出に貢献した。2016年からは産業用印刷プリンターを担うドミノ事業と、レーザーマーカーを扱う産業用印刷準事業を統括する立場からブラザーが目指す産業用事業領域拡大の指揮をとっている。

小池 利和 (こいけ としかず)
■生年月日
昭和30年 10月14日

■略歴
昭和54年 3月  早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
昭和54年 4月 当社入社
昭和57年 8月 フ゛ラサ゛ーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)出向
平成 4年 10月 フ゛ラサ゛ーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)取締役
平成12年 1月  フ゛ラサ゛ーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)取締役社長
平成15年 1月  フ゛ラサ゛ーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)取締役社長 兼CEO(最高経営責任者)
平成16年 6月 当社取締役 フ゛ラサ゛ーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)取締役社長 兼CEO(最高経営責任者)
平成17年 1月 当社取締役 フ゛ラサ゛ーインターナショナルコーポレーション(U.S.A.)取締役会長
平成17年 4月 当社取締役 常務執行役員 インフォメーション・アント゛・ト゛キュメント カンパニープレシ゛テ゛ント 兼 フ゛ラサ゛ーインターナショナルコーポレーション(U.S.A) 会長
平成18年 4月 当社取締役 専務執行役員 プリンティンク゛・アント゛・ソリューションス゛ カンパニープレシ゛テ゛ント

平成18年 6月 当社代表取締役 専務執行役員 プリンティンク゛・アント゛・ソリューションス゛ カンパニープレシ゛テ゛ント
平成19年 6月 当社代表取締役社長
平成30年 6月 当社代表取締役会長(予定)

佐々木 一郎 (ささき いちろう)
■生年月日
昭和32年 4月30日

■略歴
昭和58年 3月  名古屋大学大学院工学研究科修了
昭和58年 4月 当社入社
平成17年 1月 フ゛ラサ゛ーU.K.社長
平成20年 4月 当社NID開発部長
平成21年 4月 当社執行役員
平成25年 4月 当社常務執行役員
平成26年 6月 当社取締役 常務執行役員
平成28年 6月 当社代表取締役 常務執行役員
平成29年 4月 当社代表取締役 専務執行役員
平成30年 6月 当社代表取締役社長(予定)

配信元企業:ブラザー工業株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ