きのう16日午後11時53分、急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと・たつお)さんの訃報を受け、女優の岸本加世子(57)が17日、所属事務所を通じてコメントを発表した。

【動画】西城秀樹さん、最後のアルバムでの力強い歌声

 「ただただ絶句しております」という岸本は「私が15歳の時、西城さんのコンサートでスカウトされ芸能界入りし、西城さんと同じ事務所で、よく可愛がって頂きました」と思い出を回想。「私にとって出発点の恩人です」とつづり「心からご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

 西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ(62)野口五郎(62)とともに「新御三家」として人気を博した。
岸本加世子 (C)ORICON NewS inc.