2018年5月16日、「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」などの曲で知られる歌手西城秀樹さんが、急性心不全のため63歳で亡くなった。

ネット上ではその死を悼むももちろん多くみられるものの、なぜかケミカルライト(通称:サイリウム)にも注が集まっている。というのも、コンサート会場で「るもの」を振る行為が初めて行われたのが、西さんのコンサートだったから、とされているのだ。


「思いもしないつながり」

西さんのコンサートで「客席からるものを振る」ことが初めて行われた、という話については、Jタウンネット2016年10月31日に、「『ケミカルライト(サイリウム)』の歴史は、こんなに壮大だった! 老舗・ルミカに聞く開発秘話」の記事で伝えている。

この記事では、西さんの新聞連載コラムに、当時の経緯が書かれていたと紹介。1974年コンサート会場で懐中電灯を持ってくるよう呼びかけ、ファンの多くが持参したことが始まりで、その後、フィルムを巻いた豆電球なども持参されるようになり、80年代にはケミカルライト公式の商品として売られるようになった、という。

西さんの訃報に接して再び脚を浴びた、という形ではあるものの、ネットでは驚きのや、その功績を称えるが多く見られる。

そうだったのか...
ケミカルライトサイリウム)」の歴史は、こんなに壮大だった! 老舗・ルミカに聞く開発秘話 - コラム - Jタウンネット
「客席からるものを振る」という文化は、1974年西城秀樹さんのコンサートをきっかけとして始まった。https://t.co/RK2DXGIwk0 @jtown_netから
- chaco (@Chaco_c_5642) 2018年5月17日
ケミカルライトサイリウム)」の歴史は、こんなに壮大だった! 老舗・ルミカに聞く開発秘話 - コラム - Jタウンネット https://t.co/izdLzHdfSY @jtown_netより
西城秀樹さん起かー
思いもしないつながり
- 歌bro@ミリ5th1日現地 (@RSonii) 2018年5月17日
西城秀樹さん、なんとなく
代表曲は知っていたけれど、
ライブでのファン
"コール&レスポンス"」
「スタジアムでの演」
ライブファンサイリウム
(ペンライト)での応援」
は西さんが初って、
めちゃくちゃすげえ人だわ。 pic.twitter.com/2QXN2ELFuU
- ハヤブサJs@ロゼリアレンおじさん (@hayabusajs) 2018年5月17日
サイリウムコンサートライブ等で利用されたのは西城秀樹さんが元だったのか!
諸説有りだとは思うけどこれ知れたのはだいぶ収穫
- ホツー【EveninGlow】 (@hotu_EveninGlow) 2018年2月26日
まさかの西城秀樹さんきっかけ