<大相撲夏場所>◇五日目◇5月17日◇両国国技館


 前頭十枚目の貴景勝(貴乃花)が、前頭十二枚目の荒鷲(峰崎)を強烈な押し相撲で圧倒。2勝目(3敗)を挙げた。


 立ち合いから頭を付けて低く当たった貴景勝に対して、荒鷲は防戦一方。弧を描くように土俵を回りながら勝機を見出そうとしたが、そのまま押し倒されて土俵を割った。


 AbemaTVで解説を務めていた元小結・立田川親方は、「これぞ貴景勝の相撲。下からの鋭い出足、さらに体を丸めて前に出てくる圧力。この形になると、相手に隙を与えません」と解説。

 

 視聴者からは「重心が低いな」「TKS(たかけいしょう)」「いい相撲だったな」など、貴景勝の快勝に称賛の声が相次いでいた。


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶大相撲LIVE 夏場所