世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級チャンピオンの拳四朗(BMB)が17日、3度目の防衛戦(25日、東京・大田区総合体育館)に向けた練習を東京都内で公開した。昨年5月に僅差の判定勝ちで王座を奪ったガニガン・ロペス(メキシコ)との再戦。「防衛して自信もついてきた。今度はしっかり差を見せてKOで勝つ」と強気に話した。

 練習は約1時間。小刻みにステップを踏みながら、シャドーボクシングなどで丁寧にジャブ、右ストレートを放った。「相手はサウスポーで前回は距離感が難しかったけど、対策はできた。足を動かしながらプレッシャーをかけていく」と意気込んだ。