【元記事をASCII.jpで読む】

 国内におけるゲーム実況・配信シーンは、ツールの進化や普及、簡素化により何度目かのブームが到来中だ。おそらく最初となる超ローカルブーム時を体験している(PeerCast民)筆者としては「すっごい楽」と思うばかりなのだが、魅せるフォーマットが定まってくると、クオリティーを高めたくなるのが世の常。細かい技術を覚えたり、いくつものアプリケーションを導入すると難易度は上昇してしまいがちだが、そのあたりをなるべく手軽に済ませつつ、高画質での配信が可能なキャプチャーデバイスが、AVerMediaの「AVT-C878 PLUS」だ。

PCと接続しても、単体でも使える取り回しの良さが○

 AVT-C878 PLUSは、基本的にはPlayStationなどのゲーム機、PC、スマホなどのゲームプレイ映像をPCに取り込むためのデバイスだ。USBケーブルでPCと接続するだけで使える手軽さはもちろん、後述するように、PCに接続しなくても画面の録画が可能と、利便性は非常に高い。USB 2.0接続であるため、大半の環境で安定動作を見込めるほか、ゲーミングノートPCでも推奨環境が比較的ゆるめで導入しやすい。なお、推奨環境は次の通りだ。

 簡単に言えば、CPUとGPUについてはゲーミングPCならそこそこ古いものでもOKだ。ノートPC推奨環境ではメモリー容量の要求が少し高めとなっているが、これはノートPC向けGPUがビデオメモリーをメインメモリーと共有する場合があるためと思われる。2016年以降は独立したビデオメモリーを備えるMXMタイプのGPUが増えており、その場合はPCのメインメモリー容量が8GB以上であれば問題なさそうだ。録画に関してはストレージ容量を必要とするが、USB 2.0の転送速度に耐えればいいため、外付けストレージやNASでも十分。順次書き込みで15~20MB/sほどが確保できていればOKだ。

 AVT-C878 PLUSとPC、ゲーム機、ディスプレーの接続は非常にカンタン。まずはPCにAVT-C878 PLUS本体のUSBケーブルを接続し、ゲーム機からの出力はAVT-C878 PLUSのHDMI入力端子へ。その後、AVT-C878 PLUSのHDMI出力端子とディスプレーを接続すれば、あっという間にパススルー(遅延なしでゲーム画面をディスプレーに表示する)環境ができあがる。

 最大録画解像度が1080p(フルHD)/60fpsなのは前モデル「AVT-C878」と同じだが、本製品はあらたに2160p(4K)/60fpsのパススルー表示に対応した(HDRのパススルーには非対応)。AVerMediaの公式サイトによれば、ディスプレー側への出力を4Kにしたまま、PCを使用して配信したい人の要望に応えたとのことなので、4KディスプレーでPS4 ProやXbox One Xなどのゲームをプレイしている人なら覚えておいて損はない。「4K画質の配信はできないのか」と思うかもしれないが、現状のリアルタイム映像配信は760p(HD)が主流で、フルHD画質でも回線環境によってはスムーズな配信・視聴が難しいため、そもそもあまり現実的と言えないことは記しておく必要があるだろう。

 AVT-C878 PLUSにはPCモードと単体録画モードがあり、本体正面のスイッチでモードを切り換えられる。PCモードは専用の配信用アプリケーション「RECentral4」やその他の配信ソフトなどで操作する、いわゆる一般的なキャプチャーデバイスと同じ使用感で、単体録画モードなら、PCに未接続の状態でも本体のボタンを押すだけで録画が可能だ。データの保存にはmicroSDカードなどが必要だが、手軽なので録画用途をメインに購入するのもアリだろう。

 録画フォーマットはPCモード時はMP4、単体録画モード時はMOVとなっており、単体録画モード時は本体に内蔵されたエンコーダーを使用している。ただし、単体録画モードの設定を変更したい場合はいったんPCに接続する必要があり、完全なスタンドアロン動作ではないことには注意が必要だ。

録画も配信も楽なソフト「RECentral4」で死角ナシ

 前述のとおり、PCモードでは専用の配信用アプリケーション「RECentral4」でより細かい録画・配信設定が可能だ。とくに何かと手間になりがちな、ゲーム画面以外の映像・静止画・文字ソースを入れるのが楽であり、用途をよく意識した仕上がりなのは好感が持てる。また以前の配信ソフトウェア「RECentral3」では感じられた動作の鈍さが、最新のRECentral4では大きく改善されており、配信時の操作性が向上しているのも嬉しい。なお、プレビュー画面の遅延はPS4のメニュー操作でも露骨に感じられるほどで、配信プレビュー画面を見ながらのゲームプレイはあまり現実的ではない。素直にパススルーしたゲーム画面を見ながらプレイするべきだろう。

 RECentral4のキャプチャーモードは、複数のソースを使用する「Multi」と単一ソースの「Single」を使い分けられる。出番が多いであろうMultiモードは、Webカメラなどのデバイスや特定のエリアのスクリーンキャプチャー、ビデオ、画像、テキスト、Webサイトなどをキャプチャーに加えられるほか、ソースごとのオン/オフも可能。事前にシーンを登録しておけば、離席時の専用画面にワンクリックで切り換え可能と、リアルタイム配信に便利な機能がしっかり揃っているのもいい。

 とりあえず録画してみたい場合は、画面右下にある「Recボタン」をクリックするだけでOKだ。録画設定は以下のスクリーンショットの通り。ある程度のPCスペックは必要とするものの、プリセットにある最高設定のままでOKな環境が多いハズだ。配信側の設定も可能だが、快適な配信にはインターネット回線環境も重要なので、まずはスピードテストでの実効速度から設定を詰めていくといいだろう。ちなみにRecボタン下部のカメラアイコンをクリックすれば、静止画キャプチャーも可能。このときの画質は録画品質の設定に依存するが、大きな差がないので、あまり気にしなくてもいいだろう。

 コーデックには「デフォルト-NVIDIA」「H.264」のふたつがある。「デフォルト-NVIDIA」はGPUエンコード、「H.264」はCPUを使用したソフトウェアエンコードだ。画質に関しては大きな差を確認できていないため、使用環境で都合のいいほうを選ぶといい。またMultiモードでソースとしてスクリーンキャプチャーを選び、PCゲームを取り込んで録画・配信しようという場合は、ゲームタイトルの負荷傾向から影響の少ないほうを選ぶ手段ともいえる。AVT-C878 PLUSは「OBS Studio」や「XSplit Broadcaster」、「アマレコTV」などの配信ソフトにも対応しているため、すでに愛用のアプリケーションがあるという人も安心である。

編集ソフト「Cyberlink PowerDirector 15 for AVerMedia」で動画もバッチリ

 ゲーム配信が中心であれば、RECentral4の機能群でほとんどやりたいことが可能だと思うが、録画後に細かく編集してネット上に投稿したいと考えた場合、動画編集アプリケーションが必要だ。そういったアプリは有料のものが多く、また凝ったことをしようとすると操作方法が難解であることが多い。本製品にはそのフォローとして、「Cyberlink PowerDirector 15 for AVerMedia」が付属している。ほぼフル機能版で、アップデート対象となっている機能はあまりないため気にせず使用できるほか、無料テンプレートが豊富なのもポイントだ。動画編集にはスペックを必要とするが、ゲームができるようなPCであれば問題はほとんどない。

 操作はきわめてシンプルで、トラックに動画や音楽などのソースを追加していき、表示順と表示時間を決めるのが主な作業となる。静止画やテキスト、エフェクトも扱い方は同じなので、まずは複数のソースをトラックにおいてプレビューを再生しつつ、順番を考えていくところからはじめてみよう。慣れてきたらテキストを配置してみて、投稿動画でおなじみのテロップ作成に挑戦してみると、作業の流れや操作はすぐに把握できるハズ。音声に関してはソフトウェアミキサーもあるので、複数の音源を使用する場合も安心だ。

 ちなみにCyberlink PowerDirector 15 for AVerMediaをインストールすると、同時に「Cyberlink Screen Recorder 15」もインストールされる。画面の一部、もしくは全体を録画するためのものだが、こんなものも使える、程度に考えておくといい。

実況・配信スターターパックとしてのバランスの良さが最高

 端的にいえば、録画・実況したい!と思ったときに、AVT-C878 PLUSを一台購入するだけでそれなりの環境ができてしまうのはたいへん便利だ。録画であれば、Cyberlink PowerDirector 15 for AVerMediaで編集できるし、実況・配信であればRECentral4で済むほか、設定もデフォルトのままでOKの環境が多い。アプリケーションのインストールをしたら即使えるというのは大きなアドバンテージだ。初心者向けのパッケージに見えるが、AVT-C878 PLUS本体の使い勝手もよく、頻繁に録画・実況してきた人にも十分耐えてくれる製品といえる。録画・実況環境を考えるのであれば、AVT-C878 PLUSをまず候補に検討してほしい。

4Kパススルーにも対応の鉄板ゲームキャプチャー「AVT-C878 PLUS」が便利すぎる