カンボジアのある夫婦が、YouTubeに希少で保護が必要な野生生物を調理し食べたシーン投稿したことから逮捕された。カンボジア環境省現在、調を続けているという。『Metro』『The Sun』などが伝えた。

カンボジアのプノンペンに住む1児のアー=リンタッチと夫プーン・レイティソーシャルメディアで生計を立てようと思い立ち、昨年12月から動画YouTube投稿し始めた。しかしその内容は、アー=リンが自宅近くの絶滅危惧種定されている動物や保護下にある野生生物を調理して食べるもので、これらの動画を見た閲覧者たちから怒りのがあがった。

アー=リン動画内で食べていたものとして挙げられているのは、絶滅危惧種定されているスナドリネコ、保護定された大鷲を含む複数の、大トカゲキングコブラアカエイカエルなどである。問題になったことから、絶滅危惧種の保護下に置かれた野生生物の調理・食事シーン動画夫婦削除したようだが、カエルコブラなどを調理して食べている動画は今もYouTubeで閲覧可になっている。

5月9日カンボジア環境省夫婦の身元捜を始め、翌日に2人は野生生物の命を奪ったことをに謝罪した。しかしながら夫婦は「プノンペンのPreak Phnovにあるマーケットで野生生物を購入した。どんな種類の動物を調理したのかは覚えていない。それらがの保護下にある生物だとは知らなかった」と反論していたが、今では過ちを認めているようだ。自然保護総局長チー=サム・アーングさんは「調理された動物は、1種を除きほとんどは絶滅危惧種定されていませんが、の保護下に置かれているものばかりです。現在、2人には法的措置を取る手続きを進めています」と話し、夫婦が調理した野生生物が野生で捕獲されたものか、店で違法に売られていたものなのかも併せて調中であることを明かした。

夫婦動画投稿することでグーグル広告スポンサーになり、昨年12月から500ドル(約55,000円)の収入を得ていたという。

このニュースを知った人からは「野生の生物を捕まえて食べるなんてことはカンボジアでは普通だと思ってた…」「こういう動画の投稿許可をしているYouTubeに問題があると思う」「なんでもかんでもYouTube投稿するが多すぎる」「野生生物を食べている人に批判が集中してるようだけど、結局自分たちも屠殺されたを食べているよね。この点についてはどう考えるんだろうか」「でも自分たちの楽しみのために、こんなふうに動物を傷つけるのは間違っているよ」「結局、野生生物絶滅させるのは人間でしかないんだよね…」といったがあがっている。

画像は『Metro 2018年5月15日付「Couple earned money on YouTube by skinning endangered animals then eating them」(Picture: Viral Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト