昨年11月からオーストラリアで騎乗している坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)が書類手続きのため日本に一時帰国。今週末19日、20日と来週26日、27日の2週間、国内で騎乗予定だ。

 久しぶりのJRAでのレース騎乗を前に昨日16日には川崎競馬場で交流レースに騎乗(13着)。ナイターでの騎乗を終え、栗東に帰ってきたのは日付が変わってからだったというが、今朝も安田記念に登録予定のモズアスコットなど精力的に調教に跨った。「モズアスコットはめっちゃいい馬ですね。これまで乗ったことのある馬とはまた乗り味が全然違います。体はブレないんですが、脚の回転がものすごく速いんです」と、4連勝でオープン入り後、重賞でも上位争いを繰り広げている馬について興奮気味に話した。

 前回、騎手免許更新のため一時帰国した際は1月27日、28日に中京競馬場で騎乗。2日間で4勝を挙げるインパクトを残した。「あの時はいい馬に乗せていただきましたし、たまたまですよ」と謙虚に話したが、今週末の騎乗馬の話題になると「この馬の前走は…」「最近の京都競馬場の馬場は…」とずっと日本にいたかのように情報が出てきた。聞くと、「オーストラリアにいる間もレースは全て見ていました。小さい時からずっと競馬を見るのが好きだったので、そんな感じでただ見ているだけですけどね」という。

 27日騎乗後には再びオーストラリアに戻る。当初の予定よりオーストラリア遠征の期間を延長するにあたり、師匠の矢作師に相談したところ「いいよ。本当は帰ってきてほしいけどね」と承諾してもらったという。「僕がいない分、厩舎の調教も大変だと思うのですが、それでもオーストラリアに行かせていただいてありがたいです。それに、とっても嬉しいニュースも飛び込んできたんです!」と目を輝かせた。(嬉しいニュースの詳細は坂井瑠星騎手自身の言葉でコラムにてお伝えします)

 今週末は京都競馬場で騎乗予定。「良馬場希望」というサトノガーネットをはじめ楽しみな騎乗馬が集まっている。「気負わず頑張りたいですね!」。月末に21歳の誕生日を迎える青年の顔つきは、以前よりグッと引き締まって見えた。

(取材・文・写真:大恵陽子)