今年1月からNHK大河ドラマ西郷どん」の放送が始まり、またゆかりの各地では盛り上がりを見せている。言わずと知れた幕末の“悲劇の英雄西郷隆盛1828~1877)にも食にまつわる物語があった。

 西郷隆盛は、薩摩の下級士・西郷兵衛盛の長男として生まれ、明治10年9月24日、新政府との西南戦争に敗れ、山で自切腹)。その生涯は50年と決して長くはなかったが、東奔西走しエネルギッシュに駆け抜けた人生だった。

 ペリーの賀来航、攘夷問題などが起き始めた時勢、薩摩の第11代島津斉彬に見いだされた盛は江戸詰に任ぜられ、合体す斉彬の手足となって活動を始める。一方で、妻との離婚、政変、陰謀、策略、そして後ろの斉彬の急死が重なり、井伊直弼大老就任後の安政の大に絡む僧侶死亡に関わる件で奄美大島に流された。ここで“妻”加那との間に2人の子供をもうけている。

 その後も精的に動き、2度流しにあいながらも動の時代の寵児となっていったのは周知のとおり。だが、行動にたけた盛のパワーは、この奄美時代の食生活にあったようだ。

 名物の黒豚が好物で、特に今で言う「入り野菜炒め」と「豚骨」と呼ばれる鹿児島郷土料理を好んだと、加那の子孫によって書かれた「鹿児島郷土料理」に載せられている。

 しかし、奄美に入ったばかりの頃の盛はメタボ気味。それを健康体にしたのは、実は、加那が作る郷土料理」だったという。元奄美会議長で奄美歴史と文化に詳しい前田幸男氏が言う。

飯は、重品だっただしと具材をかけて食べる料理で、ではぜいたく料理だったが、飯のおかげで奄美滞在中の盛は健康そのものだった」

 先の川田氏も、飯の栄養効果を絶賛する。

は老化を防ぎ血糖値、尿値を下げ、抗疲労効果のあるアンリンとカルノシンというジペプチド、それにコラーゲンを多く含んでいる。メタボ対策にはピッタリの食べ物です」

 場の食欲がない時のスタミナ作りに最適なうえ、簡単にできてうまい。西郷どんになりきってかきこみたい料理だ。

---

西郷隆盛が遺した「飯」

材料(4人分):ガラ240g、800cc2個、ネギ1/2本、みかんの皮1個分、ショウガ1かけ(10g)、のり(適量)、しょうゆ大さじ1、少々、コショウ少々、小さじ2、みりん小さじ2

◎作り方:(1)を入れ、ガラスープをとる。(2)スープしょうゆコショウみりんを入れて味をつける。(3)を焼いて細く切り、錦糸を作る。(4)ネギみかんの皮、ショウガみじん切りにし、のりも細かく切る。(5)炊き立ての御飯の上に(3)(4)をのせ、上から熱いスープをかける。

---

アサ芸プラス