独立行政法人酒類総合研究所は17日、日本酒の出来栄えを競う「全国新酒鑑評会」の審査結果を発表した。特に優れていると評価した金賞は福島県が19銘柄で、兵庫県と並び最多。福島は史上初の6年連続日本一となった。

 鑑評会には全国から850銘柄が出品され、232銘柄が金賞に選ばれた。福島では、国権酒造(南会津町)の「國権」が11年連続、東日本酒造協業組合(二本松市)の「奥の松」と、名倉山酒造(会津若松市)の「名倉山」が10年連続で金賞を受賞した。

 福島県は17日、日本一を祝う式典を開催。内堀雅雄知事は「風評で厳しい状況にある中、6年連続日本一の快挙を達成した。福島の素晴らしいお酒を国内外でPRしていきたい」と語った。 

〔写真説明〕「全国新酒鑑評会」で金賞受賞数が6年連続日本一となったことを祝う福島県の内堀雅雄知事(前列右から4人目)と蔵元の関係者=17日午後、同県庁

「全国新酒鑑評会」で金賞受賞数が6年連続日本一となったことを祝う福島県の内堀雅雄知事(前列右から4人目)と蔵元の関係者=17日午後、同県庁