「異国情緒漂う中でプロ野球を観戦していただきます」――。

プロ野球のオリックスバファローズは2018年6月17日の横浜DeNAベイスターズ戦(京セラドーム大阪)で、「インド」をテーマに試合を盛り上げる。

試合中のBGMはインド音楽

「インドの街中を闊歩する牛の姿は、バファローズにとって少なからず親近感を抱かずにはいられません」と謳うこのイベント。「Bs TRAVEL ~ナマステ!インド・デー カレーなる勝利をめざせ!~」と題し、インドにまつわる企画を1日限定で実施する。

来場者先着1万人にインドの女性が額につける「ビンディシール」を配布。飲食ブースでは、インド人シェフが作るナンとカレーを販売する。

さらに、球団マスコットキャラクターはインドの民族衣装をまとい、試合中にはインドの音楽が流れる......。極め付けはインド人100人の無料招待だ。

「インド人野球見るの? クリケットは人気やけど」

今回の大胆な取り組み。インターネット上では、

「インド人もびっくり」
「この謎のインド推しなんなんやw」

と困惑する人が続出。そのほか、

「インド人はオリックスに興味無い気が」
「インド人野球見るの? クリケットは人気やけど」

と心配の声も漏れている。

なお、法務省が17年11月に発表した統計によると、在留インド人が多い都道府県は1位が東京(1万1809人)、2位が千葉(1594人)。オリックスのお膝元である大阪・兵庫は、それぞれ1175人、1512人だった。<J-CASTトレンド>

公式サイトより