井上尚弥とのダブル世界戦へ向けて練習開、「もらわないボクシング見てほしい」

 プロボクシングWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)が17日、3度の防衛戦に向けて都内のジム報道練習開し「前回とのの差をしっかりと見せて、KOで倒せる試合をしたい。パンチを当てるけど(相手のパンチは)もらわないボクシングを見てほしい」と抱負をった。

 25日に大田区体育館で行われる試合では、前王者のガニガン・ロペスメキシコ)と再戦する。WBAバンタム王座に挑む前WBOスーパーフライ級王者、井上尚弥大橋)とのダブル世界行で、井上が15勝(13KO)、拳四朗は12勝(6KO)。日本が誇るボクサーのい踏みとなる。拳四朗は、昨年末に行われた2度の防衛戦のリング上インタビューでマイクを握り「皆さん、見ていますかー? 拳四朗です!」と叫ぶなど、笑顔で明るいキャラクターを印付けた。今回も「生放送になって嬉しい。知ってもらうことは大事」と存在アピールの場とするつもりだ。

 ロペスとは1年ぶりの再戦になる。前回の対戦は、判定2-0の勝利。サウスポーの連打に苦しめられながら、きん差で勝利を収めた。ベルトを取り返そうと挑んで来る難敵が相手だが、である寺地永会長は「(ベルトを)獲りに行ったとき以上に、ハッキリした決着で示しをつけたい。2度のフィリピン合宿を行って、調整は万全。素晴らしい試合を届けたい。前回は、ロペスの特長をつかみ切れていなかった。今回は、前回よりもパンチをもらうことなく、倒す機会は増えると思う」と返り討ちを宣言。特に、相手の連打に注意を払い、ステップバックっ直ぐ下がって捕まらないように、フットワークの注意を促し続けて対策を進めているという。

フィリピン合宿ではサウスポー対策で150ラウンドのスパーリングを敢行

 当初予定された4月から試合が1か延期されたが、拳四朗は「準備期間が延びて、サウスポー対策もできて慣れてきた。前回の対戦は、きん差の勝利でしたけど、実も自信もついた。すごい差をつけてKOで勝ちます。期間が延長されたデメリットは、ない」と以前はやり辛さを感じていたサウスポー対策をさらに進めた自信を示した。

 3月上旬と4月下旬にフィリピン合宿を敢行。寺地会長によれば、当地ではサウスポー相手のスパーリングを合計150ラウンドほど行ったという。拳四朗は「1回の合宿より、2回の方がだいぶ良かった。重心を少しだけ後ろにしたら、相手のパンチが見えやすくなった」とヒットアンドアウェーを繰り返せる距離感をつかんだ手ごたえを明かした。開した練習では、2ラウンドのスパーリングを行い、シャドボクシングでは、細やかな前後のステップで距離を変え続けていた。

 勝ち続けることで、知名度を高めていく。報道向けのフォトセッションでは、トレードマークの拳四朗スマイルで、リクエストに応えてダブルピース。勝てば「笑顔の王者」の印は、さらに強まっていくはずだ。寺地会長は「(防衛)3回をクリアすれば、5回が見えてくる」と長期政権の立を視野に入れていた。難敵を返り討ちにし、さわやか笑顔リング上インタビューが再び見られるか、注だ。(平野 也 / Takaya Hirano)

WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗【写真:平野貴也】