5月17日東京電力ホールディングス株式会社株式会社ポケット・クエリーズは共同で、発電所や工場現場の業務支援MRMixed Reality)を活用する研究を開始しました。


マイクロソフトMRデバイス「Hololens」を使い、現実3D情報を組み合わせ、現場作業をサポートする)

昨今では、発電所設備を監視するセンサ・操作記録・マニュアル・ノウハウなどのデータ活用の重要度が高まる一方、設備の点検時や異常予兆の判断において、五感によって現地・現物から得られる情報も重要になります。そのため「デジタル情報と現物情報の両方を考慮した判断」が業務に必要になっていることが、今回の研究の背景の一つです。

記者発表会ではデモアプリの披露も


東京電力との共同研究を行うポケット・クエリーズ社長佐々木氏)

5月17日東京電力本社にて行われた記者発表会では、MRソフト活用デモが行われました。PCなどを使って遠隔の作業者に示を出すオペレーター、実際の現場にいる作業者の2人でのケースを例とした実演が行われました。


(オペレーターが見る画面。作業者の位置や、部屋の中の情報モニタリングする)


(作業者の視点。Hololensにより、現実に各種情報を付与している。情報タップすることで、内容の確認などが可

記者発表会後は、実際にMR体験をすることができました。Hololensを装着すると、現実間に3Dモデルコピー機が出現。浮かび上がった情報視線をあわせ、タップすると、状況が進行します。体験は数分ほどでしたが、現実間に情報が浮き上がり、それに対して干渉するという体験が出来ました。

今後の予定としては、研究で得られた知見をMR活用ソフトウェア「QuantuMR」に反映。2019年には業務での活用し、また2019年中に、東京電力グループの発電所等の現場への展開などを標としているとのことです。