<大相撲夏場所>◇五日目◇5月17日◇両国国技館


 4連勝と好調の関脇・逸ノ城(湊)が、対戦成績2勝4敗と分の悪い新三役・小結の遠藤(追手風)に寄り切りで敗れ、初黒星を喫した。


 立ち合いから右の下手を取って頭を付けた遠藤に対し、思うような形を作れない逸ノ城。前に出る遠藤を下がりながら交わし、左上手を取って力任せに投げに出るも、遠藤はこれを持ちこたえる。土俵際で両者胸を合わせると、最後は体格で劣る遠藤が、逸ノ城の“お株を奪う”寄り切りで、逸ノ城の全勝をストップさせた。

 

 AbemaTVで解説を務めていた元小結・豊真将の立田川親方は興奮気味に「今場所で一番の取組ですね」と切り出すと「逸ノ城の良さは、大きな体を使って相手を受け止め、一瞬のスキを狙うところにある。しかし逸ノ城は、遠藤の巧さが苦手と見受けられ、ついていけていなかった」と解説した。 


 力の入る取り組みに視聴者からは「凄い下半身の粘りだ」「遠藤、力がついてきたな」「これは男前や!」といった声が寄せられた。


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶「真っ向勝負」で逸ノ城を撃破した遠藤の取組はコチラ

▶大相撲LIVE 夏場所