博多と釜山を結ぶ際航路で、客と客を一緒の船舶に乗せる「客混乗便」が就航します。

船内をカーテンで仕切り、国際・国内を区分

対馬市長崎県)と九州郵船、JR九州高速船、JR九州2018年5月17日(木)、福岡博多韓国の釜山を結ぶ際航路で、客と客を1隻の船舶に乗せる「客混乗便」を日本で初めて就航させると発表しました。

7月23日)から、JR九州高速船の運航する「ビートル」の一部便が対馬市北部の田勝港に寄港。博多~釜山間の客とともに、博多田勝間では客も輸送します。5月9日)に国土交通省から運航許可が下り、実現する運びになったといいます。

現在博多田勝間を移動するには、九州郵船のフェリー(所要約6時間)か、対馬南部の厳原港を発着する壱岐経由の航路を利用する必要があります。7月に高速船「ビートル」の客混乗便が就航すると、博多田勝間は2時間10分に短縮されます。

ビートル」の客混乗便に乗船する際は、内・際問わず、幼児を含む全乗船者に、機関が発行する顔写真付き身分カード運転免許券など)の所持が義務付けられます。また、船内では座席の一部を客用として区分。混乗による不法入や密貿易などを防ぐため、客と客をカーテンで仕切って分離し、さらに監視員や監視カメラを配置します。

客混乗便の就航にあわせ、今回4者は、対馬地域と九州韓国南部を結ぶ広域的な観光交流を推進するため、「内混乗便を活用した観光交流に関する連携協定書」を締結。今後、客混乗便の利用促進や新たな観光コース企画提案、対馬地域の観光開発に関することなどについて、連携・協して取り組んでいく方針です。

博多と釜山を結ぶ高速船「ビートル」(画像:JR九州高速船)。