5月18日)に開される映画ランペイジ 巨獣大乱闘』は遺伝子実験の失敗によって、巨大化が止まらなくなってしまった動物たちが、破壊を続けながら北大陸を横断し、地で大乱闘を繰り広げる巨パニックアクションだ。


演のロック様ことドウェイン・ジョンソンの活躍もさることながら、やはり強存在感を放つのが巨たち。なかでも、アルビノの巨大ゴリラジョージは、本物と見まがうほどのリアルな動きでロック様と熱いドラマを繰り広げる。今回は、そんなジョージ誕生にまつわる秘話を紹介しよう。

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC

モーションキャプチャージョージを演じたジェイソン・ライルスは、ゴリラについて学ぶスクールにも通い、何カゴリラの研究を重ねたという。そして、リアルな感情を表現するために、ゴリラの表情だけでなく、動きやその特徴も学んだ。ジョージが逃げるシーンでは、ジェイソンセットを全速で駆け抜ける必要があり、ゴリラ走りの練習のために何度も長くて急な階段を上り下りしてコツをつかんだそうだ。このエピソードからは、ジェイソンプロ意識の高さがうかがえる。本作でメガホンを取ったブラッド・ペイトン監督は「彼はゴリラとして歩いて近づいてくるんだ。それはとても強で、『やめてくれ!』って感じなんだ(笑)」と、撮影現場でジェイソンゴリラっぷりを振り返る。ジェイソンの、ゴリラへの止まらぬがあればこそ成し得たパフォーマンスと言えるだろう。


ジェイソン演じるゴリラだけでなく、本作には巨大オオカミラルフと、巨大ワニのリジーという巨たちが登場する。ペイトン監督は「たちは巨たちの撮影の仕方を開発しないといけなかった。例えばラルフは3つの違うスケールで、ジョージは4つか5つの違うスケールで撮影したんだ。人間が動物として演技していたり、時には動物たちの代わりにただの棒を使ったりしているよ」とコメントモーションキャプチャーのみならず、様々な手法で巨たちの動きを表現したのだ。また、ペイトン監督普通サイズだった動物が徐々に巨大化していく様子を描くことが、非常に大変だったことも明かしている。

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC

試行錯誤をして撮影された巨たちをCGで描くのは、世界有数のVFXスタジオ・WETAデジタルだ。『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』での宇宙を舞台にしたド迫な戦いや、『猿の惑星』新三部作で霊長類たちの繊細な表情や毛並みを表現した技術が記憶に新しい。また、『ジャングルブック』では主人公少年以外の動物を全てCGで描き、第89アカデミー賞視覚効果賞を受賞している。『ランペイジ 巨獣大乱闘』でWETAデジタルは、12mのゴリラジョージ、前足から後ろ足にかけてムササビのような飛膜ができ、26mとなったオオカミラルフ68.5mでイノシシのような牙を持つワニ・リジーを生み出している。サイズもさることながら、毛並みやうろこ、牙などのディティールが、巨たちが躍動する間にどんな挙動を示すのか。モーションキャプチャーと積み重ねた技術、そしてクリエイターアイデアで生まれた巨たちの姿に注だ。

映画ランペイジ 巨獣大乱闘』は5月18日()より全開。