大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市社長:芳井敬一)の軽量造賃貸住宅商品に使用する高遮音床仕様サイレントハイブリッドラブ50」(※1)は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく「重量床衝撃音対策」において、住宅メーカー初の土交通大臣の特別評価方法認定(※2)「等級5(最高等級、LH-50等級)」を取得しました。
 賃貸住宅にとって住戸間の音の問題は重要な課題であり、特に上下階の衝撃音による騒音問題は、入居者アンケート等からも、多くのご入居者が不満を感じている項です。当社は、2012年10月より、軽量造の体と高強度プレキャストコンクリート床版を組み合わせた「サイレントハイブリッドラブ50」を開発、賃貸住宅商品に使用し、ご好評いただいています。
 今後も、お客さまに高品質な賃貸住宅を供給すべく、技術開発に取り組んでいきます。

※1.株式会社エムテックとの共同開発・共同認定取得となります。発売時より一部良し認定を取得しました。
※2. 住宅性表示制度では、表示すべき性の評価は「評価方法基準」に基づいて行いますが、特別な構法を用いた住宅の評価等は、「評価方法基準」に定められていないため、特別な評価方法として土交通大臣が個別に認定を行います。重量床衝撃音対策においては、「評価方法基準」は、筋コンクリート造を前提としたものであり、軽量造の界床構造の性評価は基準がないため特別評価方法認定を取得することになりました。

■取得した認定概要
認定番号:1440(平成303月28日付)
特別評価方法の名称:「リブ付高強度プレキャストコンクリート床版と防振材・制振マット等を用いた軽量造の界床構造に応じて評価する方法」
評価される性表示事項:重量床衝撃音対策 対策等級5
認定を取得した仕様概要:受音室の面積 12.36~14.15メートル (12程度のLDKのLD部分、8程度の寝室を想定)

配信元企業大和ハウス工業株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ