写真付きの記事はこちら

2018年5月7日、自動車用ベアリング、自動車用部品サプライヤーのNTNは、中国における新エネルギー車の開発・量産に向けた技術支援を行なうため、自動車設計・製造メーカー「長春富晟汽車創新技術有限公司」(FSAT社)とライセンス契約を締結。4月27日に中国の北京中航悦酒店においてFSAT社とその戦略的パートナー企業が顔を揃えた調印式に出席し、調印したと発表した。

写真付きの記事はこちら

調印式では、NTNとFSAT社の双方の代表者、FSAT社と戦略的パートナーとなる10社が調印。FSAT社の劉執行責任者は「開発を進めてきたクルマは、軽量化や電動駆動技術などにおいて、先進的なレベルに達することができた」と新エネルギー車の量産化に向けた意気込みを語った。また、NTNの大久保社長は「長年切望していた世界で初めてのインホイールモーターを搭載した電気自動車の量産化が実現します」と今回の戦略的パートナーとしての調印について語っている。

写真付きの記事はこちら

写真付きの記事はこちら

NTNは早くからインホイールモーター駆動システムを開発しており、日本で試作車の公道走行も行なっている。IWM駆動システムと車両運動制御技術「i2-Drive System」を搭載した新エネルギー車は、FSAT社によって2019年の量産化を予定している。
※参考:【NTN】NTNがインホイールモータ搭載の電動「超小型モビリティ」でナンバー取得

写真付きの記事はこちら

写真付きの記事はこちら

NTN 関連情報
NTN 公式サイト
長春富晟汽車創新技術有限公司 公式サイト