コレサワが5月12日に東京・LIQUIDROOMにて単独ライブ「コレサワ ワンマンショー『コレシアター04』」の東京公演を開催した。4回目のワンマンとなる今回は大阪と東京で開催され、チケットは2公演ともソールドアウト。この日も会場は満員となった。

【大きな画像をもっと見る】

東京公演の1曲目は「君とぬいぐるみ」。この曲は今年4月におまけCD付きぬいぐるみとして予約限定リリースしたポップチューンで、ぬいぐるみはコレサワのマスコットキャラクター「れ子ちゃん」と、人気キャラクター「コントロールベア」のコラボにより制作された。そして彼女は2曲目の「お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな」で、サイン入りの「れ子ちゃん」ぬいぐるみを客席に投げ込んだ。

その後、メンバー紹介を経て「バックアップ」「トーキョー」というアップテンポなナンバーを歌った彼女は、インディーズ時代の楽曲「わんちゃん」をひさびさに披露。袖から投げ込まれた犬のぬいぐるみを持ってこの曲を歌い上げた。続く「死ぬこと以外かすり傷」では会場中のオーディエンスが一斉にタオルを振り回した。

その後の新曲「いたいいたい」では一転してシリアスな雰囲気に。さらに「笑えよ乙女」「洗濯物」といった最近のライブではめったに演奏されなくなった初期曲をじっくりと聴かせた。「君のバンド」でのコール&レスポンスで会場の一体感を高めた彼女は、友達との映像をファンから公募して作られたミュージックビデオをバックに「友達だからかな」を歌唱。一転して映像も何もないシンプルな演出の中、母親への気持ちを表現した「24歳」を披露した。

そして彼女が代表曲「たばこ」を歌い始めると、モニターにはカラオケの画面が出現。「『たばこ』のあとはこれかな?」とコレサワが手にしたリモコンで曲を選ぶと「失恋ソングを歌ったあとに」のカラオケ画面が映し出され、流れる歌詞を見ながら観客も一緒に歌った。その後コレサワが「『コレシアター』には絶対欠かせない人がいるんですけど、紹介させてください!」と語ると、PA席でオペレートしている、彼女のすべてのアートワークを担当するウチボリシンペにスポットライトが当てられた。

コレサワのお気に入りの曲だという「阪急電車と2DK」や、メジャーデビュー作のリード曲「SSW」で会場の盛り上がりは最高潮に。「君とインドカレー」で客席に金テープが発射され、ライブ本編は終了した。アンコールの声が上がる中、9月19日に2ndアルバム「コレでしょ」が発売されること、ワンマンツアーの開催、ツアーファイナルが12月23日に東京・マイナビBLITZ赤坂で開催されることが発表された。

感極まった様子でステージに戻ったコレサワは、「人の声って集まったらこんなにエネルギーあるんやなあって感動しちゃいました」と来場者に感謝。興奮状態のまま「あたしを彼女にしたいなら」を歌い、笑顔でステージを降りた。そして最後にエンドロールが流れ、「コレシアター04」は閉幕した。

コレサワ「コレサワ ワンマンショー『コレシアター04』」2018年5月12日 LIQUIDROOM セットリスト

01. 君とぬいぐるみ
02. お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
03. バックアップ
04. トーキョー
05. わんちゃん
06. 死ぬこと以外かすり傷
07. いたいいたい
08. 笑えよ乙女
09. 洗濯物
10. 君のバンド
11. 友達だからかな
12. 24歳
13. たばこ
14. 失恋ソングを歌ったあとに
15. 阪急電車と2DK
16. SSW
17. 君とインドカレー
<アンコール>
18. あたしを彼女にしたいなら

「コレサワ ワンマンショー『コレシアター04』」の様子。(撮影:小坂茂雄)