<大相撲夏場所>◇五日目◇5月17日◇両国国技館


 四日目に前頭二枚目の松鳳山に敗れ1敗の横綱・鶴竜(井筒)は、前頭二枚目の阿炎(錣山)との一番。阿炎の強烈な突き押しに体を仰け反らす場面もあったが、辛くも叩き込みでかわして1敗をキープした。


 AbemaTVで解説を務めていた元小結・豊真将の立田川親方は、惜しくも金星を逃した阿炎について「突っ張りで横綱を仰け反らせたという事実は前向きに受け止めていい」と、前向きなコメントを残した。

 

 またこの一番、阿炎は金星に加えて31本の懸賞も逃すことになった。そのことについて視聴者からは「懸賞残念」と手短なコメントが寄せられた。


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶鶴竜と阿炎、白熱の一戦はコチラ

▶大相撲LIVE 夏場所