あわやポテトで火事に! そんなヒヤっとする体験談を元にした漫画がネット上で話題になっています。

【その他の画像】

 ことの発端は、大型チェーン店などで格安販売されている業務用フライドポテト。当時作者のをぎくぼ虫さんはこのポテトにハマっており、深夜にお腹が空いた際、揚げて食べるのが日課になっていました。

 そんなある日の草木も眠る丑三つ時、いつものようにポテトを揚げようと思い立ち、コンロと油の入ったナベを用意して、ポテトを調理しはじめました。その日はいつも以上にお腹が空いていたをぎくぼ虫さん。「お湯を沸かすときはフタをした方が早い」と考え、うっかり油の入ったナベにフタをしてしまったのです(※危険なのでまねしてはいけません)。そして数分後、パカッとフタを開けてみると、ナベからいきおいよく火柱が上がりました! さあ大変だ!

 をぎくぼ虫さん曰く、その火はふだん調理に使っている火とは明らかに異なっており、「本来持つ能力をフルに出した、まさに火」であったとのことです。あまりの迫力に呆然としていると、「メキュメキュパキパキ」と異様な音を出して周りのいろいろなものが溶けはじめてしまいました。

 はやく消火しなければと気が動転したをぎくぼ虫さんは、あろうことか付近にあった雑誌で火を仰ぐ暴挙に出てしまいます。酸素が送り込まれ火の勢いが増したばかりか、雑誌がナベの取っ手にぶつかり、鍋が燃えたぎる油ごとキッチンマットに落下してしまいました。このままではニュースや新聞の一面を飾ってしまう!

 必死になったをぎくぼ虫さんは、そばにあった洗濯物を火の上に被せ、自らも覆いかぶさって必死の抵抗。すんでのところで大惨事を回避することに成功しました。まさに危機一髪な体験にTwitterでは「ひえっ……」「無事でなにより」「不謹慎ですが絵がかわいい」と、火事のこわさを感じつつ漫画の面白さを評価するコメントが多数投稿されています。

 なお、漫画で行われた洗濯物による消火はどうしても火に近づく必要があり、やけどの可能性も高くなります。東京消防庁では消火器による消火を推奨しており、「離れた位置から、油面を覆うようにして使用しましょう」「消火後も、油温が下がらない限り何度でも発火する恐れがありますので、鍋に蓋をしてガスの元栓を閉め、温度が下がるのを待ちましょう」としています。ちなみに、くれぐれも、水をかけないように! 油が飛び散りかえって火が大きくなってしまいます。

 難を逃れたをぎくぼ虫さんはその後、日頃の備えのために消火器の場所を確認。さらに、夜食にこっそりポテトを食べることもなくなり、増加気味だった体重を元に戻すことに成功したそうです。

をぎくぼ虫(@wogikubomushi )さん

ふとした気の迷いが惨事を招く