キングジムは5月15日、テキスト入力に特化したデジタルメモ『ポメラ』の新製品『DM30』を6月8日に発売することを発表しました。観音開きの折りたたみ式キーボードを搭載し、ディスプレイに電子ペーパーを採用するのが特徴です。

2008年に初代モデル『DM10』が発売されてから、10周年を迎える『ポメラ』。当初は商品化を見送るべきという声もあったそうですが、シリーズ累計の販売台数は35万台を突破したとのこと。

直近では2016年にストレートタイプの『DM200』が発売されていますが、コンパクトな折りたたみ式のニーズが高かったことから、折りたたみ式の新製品を企画したとのこと。

『DM30』の大きな特徴は、「折りたたみ式キーボード」「電子ペーパー」「アウトライン機能」の3点。

観音開きの折りたたみ式キーボードは新機構。これにより、横17mm、縦15.5mmのキーピッチを実現しています。

キーボードを開くと、裏面にキーフットが飛び出してくるのがポイント。キーボードを机の面に固定して、安定したタイピングが可能になります。

また、半角キーがパソコンのキーボードと同様の配置になったのは、地味にうれしいポイントなのでは。日本語入力ソフトは『ATOK for pomera』を搭載します。

2番目の特徴は、紙に印刷されたように文字が読める電子ペーパーディスプレイの採用。バックライトがなく目が疲れにくくなったほか、単三アルカリ電池2本の使用で約20時間の駆動ができます。

アウトライン機能は、上位機種『DM200』で採用された機能。文章を最大10階層のツリー構造で表示でき、見出し単位で階層や位置の変更に対応します。

作成した文章は、microUSBケーブルやSDカード経由でパソコンに転送可能。作成した文章をQRコードに変換して、スマートフォン用の専用アプリで読み取る機能にも対応。無線LAN機能を搭載したSDカードの『FlashAir』を使えば、SDカードに保存したテキストを直接、専用アプリに読み込むこともできます。

主に米国での需要を調査するために、『Kickstarter』によるクラウドファンディングも実施。6月14日まで支援を受け付けています。

『DM30』は、6月8日に発売。価格は4万3000円(税別)です。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』