渋谷から東急田園都市線で12分。東京23区人気を誇る世田谷区のなかでも別格視されているのが、多摩沿いのエリア・「ニコタマ」こと二子玉川です。洗練されたイメージがすっかり定着した二子玉川ですが、もうひとつの魅が、リバーフロントならではの穏やかな空気感と豊かな自然。今回は、にぎやかな周りから少し離れ、四季風景が楽しめる河川敷情たっぷりの商店など、ひと味ちがった二子玉川の表情を「X-T20」で切り取りながら散策してみました。 IRODORI by X seriesで見る

二子玉川商店街〜Let It Be Coffee

二子玉川駅西口から歩いて3分ほど。洗練された周りとは打って変わって、昔ながらの商店やツウ好みの飲食店が立ち並ぶ「二子玉川商店」へ。近隣の小学生やお年寄りがのんびり行き交うこの通りには、情や暮らしが息づいています。 商店の入り口から少し歩いたところに見つけたコーヒースタンドでひとやすみ。「Let It Be Coffeeレットイットビー コーヒー」は、スターバックスブルートルコーヒー日本一号店で経験を積んだのち、“するコーヒー屋”として店舗を持たずフリーのバリスタとして活動していた哲夫さんとMotocoさんが2月オープンしたお店。店名には「あるがままに生きていきたい」という2人の想いが込められています。 この日いただいたのは、Motocoさんの地元でもある大阪ロースター「LiLo Coffee Roasters」のエチオピアコーヒーハンドドリップで丁寧に淹れられるコーヒーの香りがふんわり店内に漂います。そのほか三軒屋「Coffee Wrights」で焙煎された「Let It Be Coffeeオリジナルブレンドのエスプレッソカフェラテチャイティーなど、自分お好みの一杯と出会えるラインナップです。 陶芸遠藤太郎さんが「Let It Be Coffee」のためにつくったというマグカップでいただくドリップコーヒーは、浅煎りならではのフルティな味わい。いっしょに代々木上原人気店「カタネベーカリー」のパンをつかった「あんバターサンド」もいただきました。パリッとしたパンの食感にやさしいあんこバターがたまらないおいしさ! コーヒーとの相性も抜群です。 「たくさんの人との出会いが、このお店につながっている」と話す哲夫さん。にこにこ笑顔を絶やさないお2人のもとには、登下校中の小学生やご近所さん、遠方からわざわざ訪ねてくる方など、来客がひっきりなし。おいしいコーヒーが飲めるだけでなく、人と人との繋がりを感じられることもお店の大きな魅です。 次はどんな色に出会えるだろう。を続けて来たおふたりのホームコーヒーを飲んでいると、新しいワクワクに出会えるような気がしてきました。

CHICHICAFE

続いては穴場ランチスポットをご紹介!

text by 野中サキNaNo.works) photo by Nozomu Toyoshima

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.