アミューズメント施設などでVRコンテンツを楽しむ、ロケーションベースのVR体験は、世界中に広まっています。イギリスなど複数の国に展開するThe VOID、日本ではVR ZONE SHINJUKUなどが人気を集めています。

VRやゲームの開発を手掛けるスウェーデンのStarbreeze社は、首都ストックホルムに新しいVR体験施設「Enterspace VR Center Stockholm」をオープンをすることを発表しました。最新のVR体験のほか、食事なども楽しめる施設です。

広さ900平方メートル、2階建て

「Enterspace VR Center Stockholm」は900平方メートル、2階建ての建物に6つの部屋を備え、最新のVR技術が体験できます。また、飲食を楽しむレストランも付設しています。

Starbreeze社は昨年6月に、ロケーションベースVRを提供するEnterspace社を買収しました。このEnterspace社が建設を進めていたのが、今回オープンするVR体験施設、「Enterspace VR Center Stockholm」です。

EnterspaceのSara Strömgren氏は声明の中で「我々は、訪れた人に高品質のVRを提供します。この施設は、友人や仲間と一緒に全く新しい体験ができるハブになります。それだけでなく、互いに体験を語り合う場にもしたいと考えています」と発表しています。

Enterspaceでは、1人~4人向けのコンテンツが体験できます。ガンアクションゲーム「JOHN WICK CHRONICLES」、ゾンビと戦う「The Mummy: Prodigium Strike」、マルチプレーヤー向けシューティングゲーム「The Raft」など様々なゲームが用意されています。

初めての人でも楽しめる施設に

Sara氏はこの新たな施設に関し、「あらゆる年齢や好みの人に気に入ってもらえるものを提供しようとしています。そして、私たちはホスピタリティを大事にしています。VRを体験したことがない人でも、VR技術やゲームの世界を楽しめます。誰もが居心地良く過ごしてほしいです」とも述べています。

今後は、施設内の映画館でVR映画鑑賞も開始予定です。チケットは5/18からEnterspaceのウェブサイトで購入できます。

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。