カブスアルモラJr.が、スタンドインしそうな打球を見事なキャッチ

 大リーグでの若き守備名人が魅せた超絶キャッチが話題を呼んでいる。16日(日本時間17日)、カブスアルバートアルモラJr.外野手が、敵地ブレーブス戦で、相手のホームランを“強奪”。ビッグプレー間をMLB公式インスタグラム開している。

 ブレーブス1点リードの2回だった。死で打席にはブレーブスの5番・フラワーズ。どん中に甘く入ったボール璧にはじき返した。放たれた打球は中堅方向への大飛球。これはスタンドまで行ったか――。ほとんどのファンホームランを確信しかけた一撃だったが、違った。そこには名手、アルモラJr.がいたのだ。

 ボールの位置を確認しながら背走。ここぞというタイミングでフェンスに足をかけ、飛びついてキャッチした。捕球できなければスタンドイン。これぞホームランキャッチというビッグプレーだった。

 美技には投手チャットウッドも拍手。スタンドからのスタンディングオベーションには、アルモラJr.は帽子を取って応えていた。

ホームランになるはずだった…」、超絶美技にMLBも仰

ホームランになるはずだった。アルバートアルモラは気にしない」

 MLBはこうタイトルをつけて、ホームラン“強奪”シーン開。ファンの度肝を抜いている。

「この男は非現実的な存在だ」
地獄の果てまでキャッチしにいくぜ!」
「年間最優秀プレーへのノミネートを!」
驚愕のキャッチだ!」
「彼がスーパーマンであることがバレてしまったではないか」
「彼がスコアボードの運命を変えてみせた」
「これ以上ないパーフェクトプレー

 24歳になったばかりのアルモラJr.。MLBでも屈の身体を誇り、これまでも人的なプレーを連発してきた。打撃でも1番を打ち、打率.297と好成績を残している。試合には敗れてしまったが、名手としての地位を確固たるものとしている。(THE ANSWER編集部)

カブスのアルバート・アルモラJr.【写真:Getty Images】