イングランドサッカー協会(FA)は16日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むイングランド代表メンバー23名を発表した。この結果、マンチェスター・Uが驚くべき記録を更新したようだ。同日付のイギリス『サン』が報じている。

 本大会のメンバーに、マンチェスター・Uからは4名が選出。DFアシュリーヤング、DFフィルジョーンズMFジェシーリンガード、FWマーカス・ラッシュフォードロシア行きの切符を掴んだ。

 同によると、イングランド代表が初めて際大会出場を果たした1950年ブラジルW杯以降、ユーロ欧州選手権)を含めて、マンチェスター・Uからは必ず1名以上の選手が本大会メンバーに選ばれているという。イングランドサッカー界では一の記録になるそうだ。

 さらに、イングランド代表におけるW杯本大会メンバーの通算選出回数をクラブ別に較しても、マンチェスター・Uが最多を誇るという。1950年ヘンリー・コックバーン氏とジョンアストン氏の2選手が選出されて以降、同クラブW杯本大会に計42選手を送り込んでいるそうだ。

 なお、今回発表されたメンバーのうち、最多で選出されたクラブトッテナムになる。DFキーラン・トリッピアー、DFダニーローズMFエリックダイアーMFデレアリ、FWハリー・ケインの5名が選出された。次いで、マンチェスター・Uマンチェスター・Cの4名になる。

 ロシアW杯ではグループGに入ったイングランド代表は、6月18日の第1戦でチュニジア代表、24日の第2戦でパナマ代表、そして28日の第3戦ではベルギー代表と対戦する。

イングランド代表のW杯本大会メンバー通算選出数クラブランキング
トップ10のみ抜カッコ内は「通算選出人数/今大会選出人数」)

1位マンチェスター・U(42名/4名)
2位トッテナム(36名/5名)
3位:リヴァプール34名/2名)
4位:チェルシー23名/2名)※
5位:アーセナル22名/1名)
6位:ウェストハム(15名/0名)
7位:エヴァートン(13名/1名)
ウォルヴァーハントン(13名/0名)
9位:マンチェスター・C(12名/4名)
10位:リーズユナテッド(11名/0名)

チェルシーから今大会選出されている2名とは、DFガリー・ケイヒルMFベンロフタス・チーク(今季はクリスタル・パレスレンタル移籍中)。

(記事/Footmedia

マンUからイングランド代表に選出された4名 [写真]=Getty Images