日産自動車は2018年5月17日、公益社団法人自動車技術会主催の「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2018」(5月23日(水)〜25日(金)、パシフィコ横浜・展示ホールにて開催)への出展概要を発表した。

写真付きの記事はこちら

日産は今回の出展において、持続可能な社会の実現を目指すとともに、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていく「ニッサンインテリジェントモビリティ」の取り組みを紹介する。「ニッサンインテリジェントモビリティ」は、クルマの知能化技術でより安全で意のままのドライビングを可能にし、電動化技術により、クリーンで効率のよいパワートレインを実現することで、ドライビングをよりワクワクするものに進化させていく、というもの。
また、つながる技術で、クルマが広く社会と繋がり、これまでにないクルマの新しい価値を広げていくことも目標としている。

日産ブースでは「ニッサンインテリジェントモビリティ」を具現化した「日産リーフ」の最先端技術を中心に、パネルや部品展示、映像で紹介。また、内燃機関の革新技術として、世界初の量産型可変圧縮比ターボエンジン「VCターボ」の技術紹介も行なう予定となっている。

【主な展示内容】

●電動化技術
・「日産リーフ」のリチウムイオンバッテリー、インバータ技術
・アクセルペダルの操作だけで減速から停止保持まで行える「e-Pedal」
・「ノート」「セレナ」に搭載されている電動パワートレイン「e-Power」
●知能化技術
・先進安全技術や高速道路同一車線での自動運転技術「プロパイロット」
・自動駐車システム「プロパイロット パーキング」
・360度Virtual Realityによるプロパイロット パーキングのデモンストレーション(初公開)
●つながる技術
・「日産リーフ」の情報ネットワークや電力ネットワークとの接続機能
・新たなモビリティサービス実現を目指し実証実験を開始した「Easy Ride」
●特別講演:「日産リーフ」開発責任者による『Nissan Intelligent Mobilityを具現化した新型日産リーフの最新技術』
・日時:5月24日(木)15:30〜16:30
・会場:2Fアネックスホール(F201・F202)
・講演者:磯部博樹(Nissan 第一製品開発本部 EVアライアンス グローバル ダイレクター)
●体験コーナー
・「日産リーフ」によるプロパイロットパーキング体験(場所:企画展示会場)
・「日産リーフ」「セレナ e-POWER」の公道試乗体験(場所:試乗コーナー)

【人とくるまのテクノロジー展2018横浜 開催概要】

・開催日時:5月23日(水)〜25日(金)
※5月23日(水)、24日(木):10:00 〜 18:00
 5月25日(金):10:00 〜 17:00
※入場無料
・開催場所:パシフィコ横浜・展示ホール
・公式サイト:https://expo.jsae.or.jp/

日産 関連情報