他球団ファンから悔しさ混じりの“批判”、「素晴らしい存在ではない」のに…

 メジャーデビューイヤーに二刀流で活躍を続けるエンゼルス大谷翔平投手。16日(日本時間17日)の本拠地アストロズ戦では、メジャーの右腕ジャスティン・バーランダーの前に3三振を含む4打数安打に終わったが、その実はすでに多くのメジャーリーガーも認めるところ。一方、メジャーのほぼ全チームが参戦した争奪戦に敗れたライバル球団のファンの一部からは、悔しさまじりに二刀流右腕を批判するも出ている。そんなアンチを「野球ファンにおける最悪な一部分」と一両断する地元記者が登場し、話題を呼んでいる。

 大谷について、ツイッターで先日、「ここ20年で最高の物語だ。まったくもって信じられない」と称賛したのが、「ウォール・ストリートジャーナル」のジャレッドダイヤモンド記者だ。だが、この「メジャー20年間で最高」という部分に対して、様々なが返信欄で上がった。

「いつ彼は強打のチームと対戦するんだい? 々はそれを待っている」

「打てるピッチャー天才でもなければ、素晴らしい存在でもない。登板しない時に野手を務めるのなら怪物的と呼べるかもしれないが。今のところア・リーグのマッドバム(ジャイアンツの強打で有名なマディソン・バムガーナ投手)だ」

ダイヤモンド記者二刀流を絶賛「100年間、にも成し遂げられなかった偉業」

 ベーブ・ルース以来、メジャー史で約100年ぶりの二刀流に挑む大谷の挑戦の偉大さを認めようとしないアンチに、ダイヤモンド記者っ向から反論。ツイートで様々な持論を展開し、さらに、10~13日(同11~14日)に対戦したツインズローガンモリソン内野手の「おそらく世界最高の選手」というコメントも紹介した。

 一歩もひるまないダイヤモンド記者は、さらに二刀流を大絶賛。「むしろ、過去20年間で最高の物語というのは十分ではないかもしれない。ショウヘイ・オオタニは100年間、にも成し遂げられなかった偉業に挑戦している。人々は不可能と言っていたんだ。球界で類するものは存在しない」とツイートし、“アンチ大谷”を一両断した。

「素らしきショウヘイ・オオタニをバッシングしようとする“野球ファン”は、野球ファン世界において最悪な部分の一つだ。他のどんなスポーツでも、世界中のファンはこういったストーリーを共有するはずだろう。これは社会なんだ。野球ファンはそうじゃない」

 全センセーションを巻き起こしている大谷ライバル球団のファンからは妬み半分の批判も出ているが、大谷の挑戦を野球ファンならもが享受すべき――。ダイヤモンド記者は終始一貫して二刀流の男を称えていた。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】