日本自動車工業会は17日開いた総会で、西川広人会長の後任にトヨタ自動車の豊田章男社長を充てる人事を決めた。豊田氏の就任は2012年以来2度目で、任期は2年。記者会見した豊田氏は、電動化や自動運転など業界を取り巻く環境変化に触れ、「オールジャパンで乗り越えたい」と抱負を語った。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

日本自動車工業会の新会長に就任した豊田章男・トヨタ自動車社長=東京都内で2018年5月17日午後5時17分、竹地広憲撮影