自民党の柳本卓治参院議員(73)=大阪選挙区=は17日、二階派の会合で、来年夏の参院選に立候補しないと表明した。出席者によると、柳本氏は後継候補としておいの柳本顕元大阪市議(44)を紹介した。同党大阪府連は大阪選挙区(改選数4)で公募による複数候補の擁立を視野に入れている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら