日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は17日の就任会見で、自動車産業の現状について「電動化や(運転の)自動化などで、異業種も巻き込んだ100年に一度の変革期を迎えている」との認識を示した 【時事通信社】